全集 日本の歴史

全集 日本の歴史 第12巻 開国への道

全集 日本の歴史 第12巻 開国への道
定価
本体2400円+税
発売日
判型/頁
A5/370
ISBN
9784096221129
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
欧米列強の領地獲得競争を背景に、日本も蝦夷地へ進出し、外国と衝突しながらも交流するようになる。鎖国体制のもとでひたすら閉じこもっていたのではなく、北方地域ではすでに開国への流れは始まっていた。
いっぽう内政においては、庶民からの献策を奨励し、民意の動向を重視する「世論の時代」ともいえる実態があった。また、開国前の関東には多くの庶民剣士がおり、彼らは幕末の過激事件にも参加していた。
漂流民から新選組まで、幕末期を生きた人々を通して、鎖国から開国へ、そして「徳川の国」から近代国家へ向かおうとする社会の変貌を新たな視点から描く。
〈 電子版情報 〉
全集 日本の歴史 第12巻 開国への道
Jp-e : 096221120000d0000000
欧米列強の領地獲得競争を背景に、日本も蝦夷地へ進出し、外国と衝突しながらも交流するようになる。鎖国体制のもとでひたすら閉じこもっていたのではなく、北方地域ではすでに開国への流れは始まっていた。いっぽう内政においては、庶民からの献策を奨励し、民意の動向を重視する「世論の時代」ともいえる実態があった。また、開国前の関東には多くの庶民剣士がおり、彼らは幕末の過激事件にも参加していた。漂流民から新選組まで、幕末期を生きた人々を通して、鎖国から開国へ、そして「徳川の国」から近代国家へ向かおうとする社会の変貌を新たな視点から描く。

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史テーマ編 英雄の…
  • Jr.日本の歴史 5
  • サライの江戸 CGで甦る江戸…
  • 大東亜論 第三部 明治日本を…
  • ビジュアル・ワイド 江戸時代…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ