全集 日本の歴史

全集 日本の歴史 第9巻 「鎖国」という外交

全集 日本の歴史 第9巻 「鎖国」という外交
定価
2640円(税込)
発売日
判型/頁
A5/354
ISBN
9784096221099

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/01/01
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
日本の近世(江戸時代)は、「鎖国」だったとみなされてきた。日本は200年以上にわたって、一部の例外を除いて外国との付き合いを絶ち、国を閉ざしてきたという、「鎖国」史観といわれるものである。しかし本書の著者ロナルド・トビ氏は、それは対西洋に限った偏った見方に過ぎず、実際には日本は近世を通じて中国・朝鮮など東アジア世界と密接に繋がっていることを以前から指摘してきた。トビ氏によれば、近世日本の外交方針は決して「国を閉ざす」という消極的なものではなく、みずからの構想のもと主体的に選択したものだったという。そんなトビ氏が描き出す、従来の「鎖国」史観にとらわれない、新しい近世像。
〈 電子版情報 〉
全集 日本の歴史 第9巻 「鎖国」という外交
Jp-e : 096221090000d0000000
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

日本の近世(江戸時代)は、「鎖国」だったとみなされてきた。日本は200年以上にわたって、一部の例外を除いて外国との付き合いを絶ち、国を閉ざしてきたという、「鎖国」史観といわれるものである。しかし本書の著者ロナルド・トビ氏は、それは対西洋に限った偏った見方に過ぎず、実際には日本は近世を通じて中国・朝鮮など東アジア世界と密接に繋がっていることを以前から指摘してきた。トビ氏によれば、近世日本の外交方針は決して「国を閉ざす」という消極的なものではなく、みずからの構想のもと主体的に選択したものだったという。そんなトビ氏が描き出す、従来の「鎖国」史観にとらわれない、新しい近世像。

あなたにオススメ!

  • 蒙古襲来(小学館文庫)
  • 東大脱力講義 ゆるい日本史
  • コミック版 逆説の日本史 江…
  • 小学館版 学習まんが人物館 …
  • 大久保利通
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ