アートセレクション

『熈代勝覧』の日本橋

『熈代勝覧』の日本橋
定価
本体1900円+税
発売日
判型/頁
B5変/128
ISBN
409607019X
〈 書籍の内容 〉
絵巻『熈代勝覧』は、今から200年前、文化文政期の江戸、今川橋から日本橋までの大通りを俯瞰描写した12mの大作。越後屋(現・三越)や木屋など88軒の問屋や店、魚河岸の賑わい、さまざまな職種の人びと1671人がいきいきと描かれている。丹念に描き込まれた町並みからは都市構造や建築史的に見ても多くが読みとれるし、看板や暖簾などに小さな文字で書き込まれた多種多様な情報が、作品のリアリティとなっている。本書は、近世の風俗・文化・美術に詳しい江戸東京博物館教授の著者とともに、見れば見るほど面白い、この絵巻をじっくりと読み解き、活気あふれる江戸のメインストリート・日本橋の日常にタイムスリップして存分に味わう。

あなたにオススメ!

  • 雪舟の「山水長巻」風景絵巻の…
  • 江戸っ子が惚れた忠臣蔵
  • 広重と歩こう 東海道五十三次
  • 春夏秋冬 江戸っ子の知恵
  • これが本当の「忠臣蔵」
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ