日本美術全集 16 激動期の美術

日本美術全集 16 激動期の美術
ためし読み
定価
本体15000円+税
発売日
判型/頁
B4判/296
ISBN
9784096011164
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
東西文化が強烈に響き合う、激動期の美術!
江戸時代、独自の文化を成熟させてきた日本。開国とともに西洋から強烈な刺激が押し寄せる。油絵や写真技術などがもたらされ、横浜や長崎などの外国人居留地からその技術が全国へひろめられた。明治維新後には、お雇い外国人による教育を受けるものも出てくる。「美術」という言葉がつくられ、教育制度が整えられていった。また、欧米諸国で開催される万国博覧会へ出品するために、国をあげて美術の興隆がはかられた。長崎を介して鎖国中にも取り入れられていた南画や洋風画、それに伝統的絵画のやまと絵、浮世絵、さまざまな職人芸にもその影響がおよぶ。高橋由一・五姓田芳柳・原田直次郎らの油絵、伝統的日本画の系譜をひく冷泉為恭・塩川文麟・狩野芳崖らの作品、月岡芳年、河鍋暁斎、小林清親らの浮世絵や版画作品、またとくに重点をおいた工芸の分野では、柴田是真、白山松哉、旭玉山らの超絶技巧の数々、あわせて180点あまり掲載しました。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
従来の美術の範疇にとらわれない、さまざまな作品を取り上げました。とくに工芸作品は宮内庁三の丸尚蔵館や東京藝術大学の所蔵品を中心に、これまでの美術全集にない数を掲載しています。また、高橋由一、河鍋暁斎、柴田是真、狩野芳崖らは複数の作品を取り上げ、狩野一信は「五百羅漢図」を全図掲載しました。幕末の開国から明治維新を経て、東京美術学校が開設されるまでの、“激動期"の美術を堪能できる1冊です。
〈 目次をみる 〉
・はじめに 山下裕二(明治学院大学教授)
・日本美術史の裂け目を修復する-幕末明治期の豊饒な表現について 山下裕二
・19世紀日本美術の知覚変動 古田亮(東京藝術大学准教授)
・歴史を学ぶ・楽しむ-幕末明治期の視覚表現から
 塩谷純(東京文化財研究所企画情報部 近・現代視覚芸術研究室長)
・激動期における「名工」の位置 黒川廣子(東京藝術大学准教授)
・コラム/描かれた明治天皇 古田亮
・コラム/幕末明治期の書 高橋利郎(大東文化大学准教授)
・コラム/激動期に起点をもつ日本の視覚文化-写真 三井圭司(東京都写真美術館学芸員)
・コラム/伝統から解放された建築 清水重敦(京都工芸繊維大学准教授)

あなたにオススメ!

  • 日本美術応援団
  • 「琳派」最速入門
  • 日本列島「現代アート」を旅す…
  • 逆説の日本史 21 幕末年代…
  • 幕末維新を「本当に」動かした…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30