日本美術全集 14 若冲・応挙、みやこの奇想

日本美術全集 14 若冲・応挙、みやこの奇想
ためし読み
定価
本体15000円+税
発売日
判型/頁
B4判/288
ISBN
9784096011140
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
若冲、応挙、蕭白……、京都で競う奇想の美
18世紀の京都、伊藤若冲、円山応挙、曾我蕭白、長沢芦雪……、それまでのの画壇の因習を打破する新しい表現を目指す画家たちが一気に華ひらきます。個性的な「奇」の表現を競いあいながら広く世に問うた彼らの画業は、言わば「日本のルネサンス」の様相を呈し、その後の画壇の新しい潮流を形成します。それは、図らずもここ10年来、彼ら「奇想の画家」が中心をなしてきた現代日本の美術展覧会の動きにも通じます。ここのところ、つとに言われる「日本美術ブーム」を形成してきた画家たちが、次から次へと登場するのが本巻です。なんといっても、この巻の目玉は、2000年京都で開かれた「没後200年 若冲展」以来、日本美術ブームを牽引する画家、伊藤若冲の手になる畢生の大作『動植綵絵』全30幅の全点掲載を始めとした若冲の紹介です。これまでは数点しか掲載されてこなかった彼の画業を、今回は43点の作品を掲載と、これまでにない規模で、大きく取り上げます。さらに、若冲にとどまらず、蕭白、応挙、芦雪といった、互いに奇想を競った、京のみやこの絵師たちの画業を、ここのところの展覧会の成果を最大限に活用しながら、ふんだんに紹介します。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
ここのところの日本美術ブームを牽引してきた「伊藤若冲」が、美術全集でも初めて中心的存在として扱われる一巻。この巻の登場で、若冲の画業はブームで終わらず、日本美術史のなかで不動の地位を得ることになるだろう。
〈 目次をみる 〉
はじめに                                         6
図版                                           9~168
ミヤコに奇想横溢――18世紀の京都画壇     辻 惟雄          170
伊藤若冲 生涯と画業                 岡田秀之          180          
応挙の力、芦雪の奇                  金子信久 188
せめぎあい、継承する、日本の文人画
              ――関西を中心に     安永拓世          197

若冲『動植綵絵』の妙技
     ――生命の美しさの表現追求       太田 彩           206
江戸後期の書                      高橋利郎          209

図版解説                                         213
関連年表                                         276
序文英訳・英文作品リスト                               283



コレクターによる紹介動画(動画による紹介サイト「ウチノヨメ。」より)
 




コレクターによる紹介動画(動画による紹介サイト「ウチノヨメ。」より)
 



あなたにオススメ!

  • 狩野一信 五百羅漢図
  • 若冲原寸美術館 100%Ja…
  • 小野竹喬大成
  • 日本の美をめぐる 円山応挙
  • 日本の美をめぐる 伊藤若冲
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ