日本美術全集 6 東アジアのなかの日本美術

日本美術全集 6 東アジアのなかの日本美術
ためし読み
定価
本体15000円+税
発売日
判型/頁
B4判/296
ISBN
9784096011065
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
日本に残る中国美術を見直し美の本質を知る
本巻は、時代の枠を超えた「テーマ巻」であり、古代から近代に渡って日本に伝来した東アジアの書画・彫刻・工芸作品を取り上げる。奈良時代の正倉院宝物は、同時代の中国・唐の文物への強い憧れを反映しているが、室町時代の足利将軍家コレクションである「東山御物」は、当時から200年ほど遡る南宋時代の絵画や工芸品を珍重するなど、日本での東アジア美術の受け入れ方は多様である。そこに一定の趣向の反映があったとすれば、それこそが日本の美意識ということになるはずである。日本美術の担い手たちがどのように東アジア美術を選択し、受け入れ、またその影響のもと新たな美術表現を生み出していったかを知ることによって、日本美術の本質に迫ることができるのではないだろうか。掲載作品は中国・朝鮮の美術を中心としながら、影響関係が明確に反映した同時代の日本美術を比較の対象としながら紹介する。王羲之の書をはじめ、徽宗皇帝『桃鳩図』、李迪『紅白芙蓉図』、牧谿『観音猿鶴図』ほか、日本にのみ現存する『曜変天目』三碗など、日本で珍重され、大切に守られてきた、そして本国にももはや残っていない名品の数々を中心に、カラー図版一六〇余点を収載。

あなたにオススメ!

  • 世界美術大全集 東洋編6・南…
  • 日本美術館
  • 世界美術大全集 東洋編5・五…
  • 世界美術大全集 東洋編9・清…
  • 世界美術大全集 東洋編2・秦…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ