小学館版 世界美術大全集

世界美術大全集 東洋編15・中央アジア 15

世界美術大全集 東洋編15・中央アジア 15
定価
本体28000円+税
発売日
判型/頁
B4/452
ISBN
4096010650
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
東西文明交流の道、シルクロードに花開いた各民族の多様な美術を紹介。
東西文明交流の道、シルクロード。中央アジアの美術は、このいくつもの道を舞台に興亡した、さまざまな民族の軌跡でもある。一つの道は仏像発祥の地ガンダーラをスタートし、大仏発祥地のバーミヤン(アフガニスタン)を越え、旧ソ連領中央アジアを通り、西域南道・北道を経、長安に達し、さらに奈良に至った仏教伝来の道であった。ここはまた、中国、唐代の名僧、玄奘三蔵が通った道でもあった。  また、一つの道は騎馬遊牧民族スキタイ、サルマタイ、匈奴(きょうど)が疾駆した草原の道であり、彼らは目も鮮やかな黄金美術を生んだ。さらに、交易の民ソグドの富豪達は、当時、黄金にも等しいといわれたラピスラズリをふんだんに使ったエキゾティックな壁画で邸宅を飾り、その文化の高さを今に伝える。  ロシア、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、パキスタン、インド、中国、新彊(しんきょう)ウイグル自治区と、地球の三分の一に渡る地域に7年、10次に及ぶ取材、撮影を敢行、鮮明カラーと最新の研究成果で編集された中央アジア美術の決定版!!

あなたにオススメ!

  • 世界美術大全集 西洋編2・…
  • 世界美術大全集 西洋編7・…
  • 世界美術大全集 西洋編11…
  • 世界美術大全集 西洋編6・…
  • 白川義員 仏教伝来
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ