日本野生植物館

WILD PLANTS OF JAPAN

日本野生植物館
定価
10230円(税込)
発売日
判型/頁
AB/632
ISBN
4095260726
〈 書籍の内容 〉
11の生育環境から日本の野生植物見直す、全く新しい植物生態図鑑。
エコロジーへの関心の高まりとともに、植物が果たす環境保全機能の重要性が再認識されている。野生植物保護の視点から、改めて日本の自然と植物のかかわりを生態的にとらえた図鑑。  日本列島には亜寒帯から亜熱帯までの多様な植物が、それぞれの環境に応じて生育している。本書では、その生育環境を次の11に区分して、1600種を超える植物の姿と、人とのつながりを語る。(1)人里、(2)水辺、(3)草原、(4)海岸、(5)雑木林、(6)照葉樹林、(7)亜熱帯、(8)夏緑樹林、(9)高原、(10)亜高山、(11)高山の11に分類、  「人里」から「照葉樹林」までは、おもに低地から山地に生育する植物で、身近な雑草から池や沼、野原、海岸の植物、さらに二次林、自然林の植物までを含む。「亜熱帯」では、南西諸島や小笠原諸島の植物、「夏緑樹林」と「高原」では冷温帯の自然林と山地草原の植物、「亜高山」と「高山」では多彩な高山生の植物群を展開する。  6種に1種が絶滅の危機に瀕するといわれる日本の野生植物。いま、個々の植物がどのような環境に生育しているかを、自然と植物を愛する人々に伝えたい。  植物解説に合わせ、コラム、図解資料、用語解説などで、植物への幅広い理解も心がけた。

あなたにオススメ!

  • 花と葉で見わける野草
  • 街・里の野草(ポケットガイド…
  • 切り花図鑑(ポケットガイドシ…
  • 野山の樹木
  • 山菜・木の実
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ