桂枝雀名演集

桂枝雀 名演集 第2シリーズ 第5巻 植木屋娘 かぜうどん

桂枝雀 名演集 第2シリーズ 第5巻 植木屋娘 かぜうどん
ためし読み
価格
本体2800円+税
発売日
判型/分
A5判/61分
ISBN
9784094804706
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
初出し超貴重「かぜうどん」映像を収録!
 最終巻収録演目は、『植木屋娘』と『かぜうどん』。『植木屋娘』は、東京ではほとんど演る人のいない上方噺。今回収録の高座は、本来のサゲではないかたちのハッピーエンド。植木屋夫婦も寺小姓の伝吉も皆いい人で、めでたしめでたし・・・という、枝雀らしい良い噺。娘を心配してヤキモキする親心が、世の父親の心にグッと響く一方、奥手と思われた娘が実は・・・という、複雑さが隠し味? 微笑ましく、心があったかくなります。
 一方『かぜうどん』は、東京では『うどん屋』でおなじみ。寒い季節に枝雀の『うどん屋』を見た後は、帰り道に我慢できずにうどん屋さんに飛び込んだ、と評者の小佐田氏が書いていますが、まさに熱々のうどんが食べたくなるような、全編を冬の夜の寒さが貫いている一席です。後年はカットしたくだりも演じている40代の貴重な映像です。
 インタビューには、「笑点」でおなじみ春風亭昇太師匠が、落語家になりたての頃に出会った枝雀師匠との感激のエピソードを語ります。
■特設サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/shijakudvd/two/index.html
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 第2シリーズ全10席、第1シリーズを合わせると全20席、すべてがDVD初出し映像です。第1シリーズ第1巻の前口上に述べたとおり、数多の枝雀商品が出ているなか、この20席がこれまで出なかったのには理由があります。
 それは、落語に力が入るあまりに仕草が大きすぎたり、予想不可能な動きをしたりしているため、画面からはみ出してしまっているため。つまり、それだけ枝雀らしい、エキサイティングな高座だということです。
 おなじみの演目から、珍しい上方噺まで。是非、全高座味わって、お腹を抱えて大笑いしたり、ホロリとしたりしてください!

あなたにオススメ!

  • 桂枝雀名演集 第3巻
  • 桂枝雀名演集 第1巻
  • 桂枝雀名演集 第4巻
  • 桂枝雀名演集 第5巻
  • 落語研究会 柳家小三治大全 …
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ