桂枝雀名演集

桂枝雀 名演集 第2シリーズ 第2巻 青菜 七度狐

桂枝雀 名演集 第2シリーズ 第2巻 青菜 七度狐
ためし読み
価格
本体2,800円+税
発売日
判型/分
A5判/63分
ISBN
9784094804676
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
初出し!枝雀50代の貴重な「青菜」登場!
 大好評発売中の第2シリーズ第1巻(収録「高津の富」「軒づけ」)に続き刊行の第2巻。収録演目は、「青菜」と「七度狐」です。
 「青菜」は東京でもおなじみの噺ですが、枝雀の「青菜」は、旦那も植木屋の女房も長屋の友達も、登場人物が誰も彼も実に優しく、爆笑の後にポッと心が温まる一席です。これまで発売されている映像は70年代~80年代のものが中心ですが、今回収録は94年、十八番「青菜」、50代の貴重な高座。必見です!
 もう一席「七度狐」は逆に上方以外では、あまり掛けられない演目かもしれません。元は江戸時代・寛政10年出版のお伊勢参りを題材にした笑話本の一編で、一度ひどい目に遭わされたら、その相手を七度化かす、という執念深い狐の噺。化かされた旅人が何とも可笑しく、お腹がよじれるほど笑える傑作です。
 書籍の「枝雀と私」には、ドラマで共演し交流を深めた近藤正臣氏のとっておきのエピソードや思い出話が語られます。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 初夏~夏にかけて、寄席などでも演じられることの多い「青菜」。枝雀師匠50代の高座は、大爆笑しながらも、「落語の国の住人は、ホンマにええヤツたちやなぁ」とほっこりする、本当に心温まる噺。緑を通る風の爽やかさや、庶民のささやかで幸せな生活が目の前に浮かびます。既に「青菜」のDVDをお持ちの方は、30代、40代の枝雀師匠と今回収録の「青菜」見比べてみるのも絶対おすすめです。

小学館CHより



あなたにオススメ!

  • 桂枝雀名演集 第4巻
  • 桂枝雀名演集 第3巻
  • 桂枝雀名演集 第5巻
  • 桂枝雀名演集 第1巻
  • 落語研究会 柳家小三治大全 …
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ