桂枝雀名演集

桂枝雀名演集 第4巻

桂枝雀名演集 第4巻
ためし読み
価格
本体2,800円+税
発売日
判型/分
A5判/67分
ISBN
9784094804645
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
上方を代表する落語2席がいよいよ登場!
朝日放送「枝雀寄席」で放映されてから一度も公開されなかった高座が、「カムバック枝雀」としてビデオ独演会で大盛況を博したのが平成23年。それまで長い間封印されていた、この素晴らしい高座を是非多くのファンに、という思いでDVD化されたのが今回の全5巻10席(月イチ刊行)です。 
 12月末に発売された第1巻(『代書』『つぼ算』)は既に三刷、第2巻(『一人酒盛』『どうらんの幸助』)も発売即重版と大好評! 枝雀人気、未だ健在!です。
 枝雀の十八番・上方落語2席が収録された第3巻(『宿替え』『こぶ弁慶』)に続く第4巻は『鷺とり』と『崇徳院』。
 『鷺とり』は江戸時代の笑話本の一編を原話とする上方落語で、枝雀オリジナルのサゲにも注目。『崇徳院』も元々上方落語で、30分を超える大ネタです。
 書籍には、誰よりも枝雀をよく知る落語作家・小佐田定雄氏の高座評、演目速記、そして「枝雀と私」には、枝雀をこの上なく尊敬し、生前交流も深かった柳家権太楼師匠が寄稿。この一冊で、枝雀の上方落語をたっぷり、ご堪能ください。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「崇徳院」は、百人一首や茶道具が登場する、落語には珍しい風雅な恋物語ながら、扇子や手ぬぐいも大活躍、アクションシーンもたっぷり堪能出来る、枝雀の芸の力に見惚れる一席。「鷺とり」は、大阪ならではの言葉遊び「ニワカ」=ダジャレが楽しい、小米時代からの十八番。上方落語にあまり接してこなかった落語ファンでもはまること間違いなしの2席です。





あなたにオススメ!

  • 桂枝雀 名演集 第2シリーズ…
  • 桂枝雀 名演集 第2シリーズ…
  • 桂枝雀 名演集 第2シリーズ…
  • 桂枝雀 名演集 第2シリーズ…
  • 桂枝雀 名演集 第3シリーズ…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ