黒澤明 MEMORIAL10

黒澤明MEMORIAL10 10:蜘蛛巣城

黒澤明MEMORIAL10 10:蜘蛛巣城
ためし読み
価格
本体3300円+税
発売日
判型/分
A5/0分
ISBN
9784094804409
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
黒澤とシェークスピア、時代を超えた邂逅!
「歪んでしまった日本の時代劇映画を正しい形に戻す」。
「羅生門」「生きる」「七人の侍」他の作品を次々と送り出し、世界のクロサワの声価を不動のものとした黒澤明。真摯な使命感のもとに彼は壮大な計画に取り組んだ。それが「蜘蛛巣城」「どん底」「隠し砦の三悪人」と続く時代劇三部作による、冒頭の宣言である。
その劈頭を飾る本作品で、黒澤は、シェークスピアの原作「マクベス」を戦国時代の物語に翻案し能の形式で表現するという、野心的な構想に挑戦した。富士山二合目に御殿場の町からも遠望できたという巨大な城のセットを築き、森を動かし、グランプリ俳優・三船敏郎に矢の雨を降らす。当時としては空前の製作費と人員を動員し、妥協なき演出姿勢から生まれた「蜘蛛巣城」は国内外で高い評価を受け、狙い通り日本映画を根底から覆す傑作となった。
シェークスピアの本国・英国ロンドン国立劇場の落しにも招待上映され、名優ロード・ローレンス・オリビエをインスパイアしたと言われる世界的傑作。その創造の深き森にこの1冊をお手元に分け入ってください。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
生命の危険も顧みず、矢の雨の中に立って壮絶なラストシーンを演じた三船敏郎。幅70m、奥行90mという巨大な蜘蛛巣城のセット。2000人のエキストラと550頭の馬を動員したという合戦シーン。森の木を切られねぐらを失った鳥が場内の三船の肩に止まるという象徴的シーン。特撮もスタントもましてやCGも使わずに、どうしてこんなシーンが撮影できたのか。撮影の記録係野上照代氏の貴重な証言は必読です。「歪んでしまった日本の時代劇映画を正しい形に戻す」という黒澤の言葉は、むしろ今の日本映画界に向けられた言葉なのかもしれません。

あなたにオススメ!

  • 黒澤 明 樹海の迷宮
  • 三丁目の夕日の時代 ´64(…
  • 三丁目の夕日の時代 東京タワ…
  • シネマ大吟醸
  • おりキャラぶっく ミニオンズ
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ