黒澤明 MEMORIAL10

黒澤明MEMORIAL10 9:酔いどれ天使

黒澤明MEMORIAL10 9:酔いどれ天使
ためし読み
価格
本体3300円+税
発売日
判型/分
A5/0分
ISBN
9784094804393
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
黒澤×三船。この出会いが日本映画を変えた
黒澤明、そして三船敏郎。疑いもなくある時期世界でもっとも尊敬を集めた日本人である二人が、その名コンビをスタートさせた記念碑的作品がこれだ。
戦後のむせかえるような復興の熱気に満ちた闇市と、ドブ池のある街。そこに粗末な診療所を構える醉いどれ医師・真田と、肺を病む売り出し中のヤクザ・松永。銃創を負った松永を治療したことで知り合った二人は、互いの奥底に潜む弱さや強がりを鏡のように見出し、反発しあいながらも肺結核の治療に挑もうとする。だが松永の兄貴分・岡田が舞い戻ってきたことで街の様相は一変し、松永は親分からもつま弾きされ、体調は悪化し、どん詰まりの袋小路に追い詰められていく・・・。
三船の抜き身のナイフのような輝き、志村喬のやるせないほどのロクでもなさと人の善さ。キャラクター、ストーリー、時代の状況、映画に描かれた全てのもののエッジがギラギラと立ちあがる。この一本が日本映画を、いや日本の戦後を変えた!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
言わずと知れた黒澤明と三船敏郎の初遭遇作品。「赤ひげ」に至る16作品で世界を震撼させたこの名コンビ誕生の秘密は何だったのか。
そもそも俳優になる気がなくオーディションで落選しそうだった三船を、なぜ黒澤が救ったのか、またドブ池と闇市という絶妙なセットはなぜ生まれたのか。「醉いどれ天使」の奇跡を生んだ当時の夢工場=撮影所の秘密を、自身渥美清との邂逅で名監督となった山田洋次が、監督の視点で語りおろします。
また名優・三船敏郎の意外な父としての素顔を、令息史郎氏が野上照代氏との対談で明らかにします。
日本映画が今より数十倍熱かった時代の清華である「醉いどれ天使」。日本映画の本当の実力を体感してください。

あなたにオススメ!

  • 黒澤 明 樹海の迷宮
  • 三丁目の夕日の時代 ´64(…
  • シネマ大吟醸
  • Maybe! Vol.2
  • 映画「STAND BY ME…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ