魅惑のオペラ

魅惑のオペラ 30 皇帝ティートの慈悲

魅惑のオペラ 30 皇帝ティートの慈悲
価格
4180円(税込)
発売日
判型/頁
A5判/64
ISBN
9784094804300
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
美しいアリアと重唱が光る、モーツァルト最晩年の傑作
皇帝レオポルトの戴冠式で新作オペラを上演するにあたり、最晩年のモーツァルトが《魔笛》の作曲を中断して手がけたオペラ・セリア(正歌劇)。実在のローマ皇帝が自分に企てられた陰謀を赦した、慈悲深い寛容さを讃えています。
曲の大部分は約18日間で書き上げられたといわれ、美しいアリアと重唱が古楽器の透明な響きと相まって印象的。つねにオペラの作曲を創作の主軸にしていたモーツァルトが、歌と器楽の融合をさらに深化させた作品。当時から古めかしいイメージがあった本作ですが、近年、意欲的な演出作が増えて現代性が加わり、傑作としての再評価が年々高まる注目作です。

あなたにオススメ!

  • 演劇年鑑 2017
  • 演劇年鑑 2018
  • 演劇年鑑 2019
  • 演劇年鑑 2020
  • 演劇年鑑 2021
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ