諦める力
ためし読み
定価
770円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/248
ISBN
9784094700237
〈 書籍の内容 〉
「走る思想家」による人生戦略
「がんばれば夢はかなう」と信じて努力し続ける人を世間は賞賛する。しかし、夢がいつまでたってもかなわないこともある。それでも費やした時間を無駄にしたくないから、応援してくれる人の期待を裏切りたくないから、そして何より「逃げた」といわれたくないから、がんばり続ける……。その苦しさを誰よりも知っているトップアスリートの著者は、「やめる」を「選ぶ」と再定義して楽になったという。叶わぬ夢の呪縛から自由になるためには、世間の価値観ではなく自分の価値観で生きよ、と説いて大きな反響を呼んだベストセラー。新たに「暗黙のルール」「人が盲信するとき」「やめる練習」の3本のエッセイも入って待望の文庫化。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
日本最速の侍ハードラーとして現役時代から陸上選手のなかでも突出した人気を誇る著者。10冊以上ある著作のなかでもっとも支持され、5万部(電子書籍含む)のベストセラーとなった。2018年8月現在、著者のツイッターフォロワーは46万人を超え、2020年の東京五輪に対する提言や、アスリート界でのさまざまな社会問題に対するコメントが注目されている。「子供に読ませたい」という親御さん、「生徒に読ませたい」という学校関係者からも反響の大きかった一冊。
〈 目次をみる 〉
文庫版のためのまえがき
はじめに

第1章 諦めたくないから諦めた
一八歳の決断
努力しても無理かもしれない
手段を諦めることと目的を諦めることの違い
「勝ちやすい」ところを見極める
憧れの人は自分の延長線上にいるか?
負け戦はしない、でも戦いはやめない
第2章 やめることについて考えてみよう    
続けることはいいことなのか?
できないのは努力が足りないからか?
諦めないことの代償
応援してくれる人が責任をとってくれるわけではない
「せっかくここまでやったんだから」という呪縛
「今の人生」の横に走っている「別の人生」がある
他者の願望や期待に配慮しすぎていないか?
「あなたには向いていない」と言ってくれる人
「飽きた」という理由でやめてもいい
日本人の引退の美学、欧米人の軽やかな転身
やめるための「儀式」をしよう
ルールと締め切りは絶対に守る
迷ったら環境を変えてみる
何を「普通」ととらえるかで人生が変わる
第3章 現役を引退した僕が見たオリンピック
「勝てなくてすみません」への違和感
なぜ負けたかわからない
自分はどの程度自由か
論理ではなく勘にゆだねる
「負けて悔しいでしょう?」と聞くのは残酷か
「夢がかなう」人はごくひと握り
一意専心よりもオプションを持つこと
コーチを雇う欧米人、コーチに師事する日本人
第4章 他人が決めたランキングに惑わされない
「したたかなきれいごと」で存在感を出すイギリス
「勝っている状態」を定義する
「どっちがいいか」という選択を毎日意識的にしてみる
いつまでも自分で決められない人たち
選ばれるのを待つ人生か、自分で選ぶ人生か
積む努力、選ぶ努力
「俺的ランキング」でいいじゃないか
「陸上なんていつやめたっていい」と言い続けた母
どの範囲の一番になるかは自分で決める
金メダルは何の種目で取っても金メダル
AKB総選挙で生まれた「それぞれの物差し」
第5章 人は万能ではなく、世の中は平等ではない
不条理というものについて
生まれによる階級、才能による階級
あなたにとっての苦役は、あの人にとっての娯楽
「絶対に正しい」ものがあると信じているアメリカ人が苦手
「リア充」なんて全体の一〇パーセントもいない
「誰とでも」は「誰でもいい」と同じ
「オンリーワン」の落とし穴
アドバイスはどこまでいってもアドバイス
「あなたのためを思って」には要注意
第6章 自分にとっての幸福とは何か
高倉健さんはなぜヤクザ映画をやめたのか
計算、打算は戦略の基本
手に入れていくことの幸福、手放していくことの幸福
「バカヤロー、おまえがなれるわけないだろ」
「やめてもいい」と「やめてはいけない」の間
他者に対する期待値を低くする
世の中は平等ではないから活力が生まれる
モビリティを確保する
どうにかなることをどうにかする
暗黙のルール
人が盲信するとき
やめる練習
おわりに

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

現役の陸上選手の頃から、発言が他のアスリートとは違い、気になる存在でした。たまたま書店で見かけ、かつタイトルにも惹かれ読みましたが、読んで大正解。ここ最近読んだ本の中では、一番です。新たなものの見方を得られたように思います。様々な物事を感じ、気づき、言葉にできる著者に脱帽です。諦めることで手にするものがある、すっと気持ちが楽になった気がします。(40代 男性) 2021.10.7

為末大の著作を読んでみたかった。(50代 男性) 2021.5.6

 色々と迷いがあり、書店に寄った。 最近 読んだ本にラグビーの外国人監督さんの本があり、非常に良い印象を持ちました。  その時に、スポーツ界の方々は、迷いや決断とどう付き合っているのか? どう判断を重ねているのか?疑問に思い…スポーツ界の方の書物を探していました。  そこに為末さんの本があって手に取ってみました。 考えさせられます…一冊 別の本を読んだ後に、もう一回 読んでみたい。  そして、この為末さんの本をいくつか手に取ってみたい、そう思いました。(40代 男性) 2021.3.23

キンドルアンリミテッドで読み、とても心に刺さる本だったので、購入しました。諦める事は悪い事だと思っていたのですが、自分を分析し、早々にセカンドキャリアを築くことの大切さを知りました。またこのような本に出会いたいです。(30代 女性) 2020.10.4

諦める力という題名を見たときにどのような内容なのか単純に気になりました。著者である為末大さんの著書はこれまで沢山読ませて頂いており、同じ陸上競技をしている者としても、学びが沢山あります。 「諦める」という言葉は決してマイナスな言葉ではなく、自分の現状を冷静に見て、自分らしい人生を送るためのプラスな働きもあるのだということを知り、私自身のこれからの人生においても沢山活きそうな学びが沢山ありました。(10代 男性) 2018.10.26

あなたにオススメ!

  • セクシーに生きる
  • 面接の10分前、1日前、1週…
  • ザ・コーチ 最高の自分に気づ…
  • 日本はこうして世界から信頼さ…
  • 考えない練習
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ