ガガガ文庫

こんな小説、書かなければよかった。

こんな小説、書かなければよかった。
ためし読み
定価
726円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/360
ISBN
9784094530353

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/10/19
形式
ePub
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
親友の恋を、わたしは小説に閉じ込める。
「ずっと一緒に――隣にいてくれる?」「うん。永遠に」幼い頃に交わした約束。それ以来、わたしとつむぎは何をするにも二人一緒で、変わらない関係のはずだった。それなのに――。
「私、恋がしたいんだ。しおりはそれを小説に書いて?」
体が弱く入院中のつむぎが口にした『お願い』は、彼女と、わたしの昔馴染みの男の子との疑似恋愛を小説に書く、というもので――。
一つの『お願い』から変わり始める、わたしたちの関係。恋と小説の中に、つむぎが求めるものとは?
わたしと彼女、そして彼とで紡ぐ青春物語。
〈 電子版情報 〉
こんな小説、書かなければよかった。
Jp-e : 094530350000d0000000
親友の恋を、わたしは小説に閉じ込める。

「ずっと一緒に――隣にいてくれる?」「うん。永遠に」幼い頃に交わした約束。それ以来、わたしとつむぎは何をするにも二人一緒で、変わらない関係のはずだった。それなのに――。
「私、恋がしたいんだ。しおりはそれを小説に書いて?」
体が弱く入院中のつむぎが口にした『お願い』は、彼女と、わたしの昔馴染みの男の子との疑似恋愛を小説に書く、というもので――。
一つの『お願い』から変わり始める、わたしたちの関係。恋と小説の中に、つむぎが求めるものとは?
わたしと彼女、そして彼とで紡ぐ青春物語。

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • 銀河鉄道の夜を越えて
  • 双神のエルヴィナ
  • やはり俺の青春ラブコメはまち…
  • 二度めの夏、二度と会えない君
  • 月とライカと吸血姫 3
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ