ルルル文庫

横暴陛下の姫補佐官

横暴陛下の姫補佐官
ためし読み
定価
本体580円+税
発売日
判型/頁
A6文庫判/256
ISBN
9784094522952

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/01/16
形式
ePub
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
平民育ちの娘が暴君な皇帝の補佐官に!?
幼い頃は母親とふたり、市井で貧しい暮らしを続けてきた紫那。その賢さを見込んだ大貴族の父親に引き取られてからは、大好きな母親と離れて、昂家の跡取り候補として姫君教育を受ける日々だ。
 16歳になり、昂家の姫として初めて皇宮に登城した日。紫那は宴の席で得意の舞を披露するが、あろうことか、暴君と恐れられる皇帝・祐辰の前で大失敗をしてしまう! しかも、からかわれるように「後宮に入れ」と祐辰に言われた紫那は、立場も忘れてうっかり反発。勢いにまかせて紫那が知る市井の民の困窮ぶりを祐辰に訴えてしまい、我に返った紫那は厳しい処罰を覚悟する。
 だが、皇帝に逆らった紫那を祐辰は責めず、それどころか自分の補佐官に任命。横暴なのに紫那の窮地を救ってくれたり、厳しい顔を見せるくせに紫那を甘く誘惑してきたり。祐辰の真意が見えない紫那は、戸惑いつつも心揺さぶられて…!?
 優しい暴君とまっすぐな姫補佐官の、中華皇宮ラブファンタジー!
〈 電子版情報 〉
横暴陛下の姫補佐官
Jp-e : 094522950000d0000000
平民育ちの娘が暴君な皇帝の補佐官に!?

幼い頃は母親とふたり、市井で貧しい暮らしを続けてきた紫那。その賢さを見込んだ大貴族の父親に引き取られてからは、大好きな母親と離れて、昂家の跡取り候補として姫君教育を受ける日々だ。
 16歳になり、昂家の姫として初めて皇宮に登城した日。紫那は宴の席で得意の舞を披露するが、あろうことか、暴君と恐れられる皇帝・祐辰の前で大失敗をしてしまう! しかも、からかわれるように「後宮に入れ」と祐辰に言われた紫那は、立場も忘れてうっかり反発。勢いにまかせて紫那が知る市井の民の困窮ぶりを祐辰に訴えてしまい、我に返った紫那は厳しい処罰を覚悟する。
 だが、皇帝に逆らった紫那を祐辰は責めず、それどころか自分の補佐官に任命。横暴なのに紫那の窮地を救ってくれたり、厳しい顔を見せるくせに紫那を甘く誘惑してきたり。祐辰の真意が見えない紫那は、戸惑いつつも心揺さぶられて…!?
 優しい暴君とまっすぐな姫補佐官の、中華皇宮ラブファンタジー!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • 羊飼い王女の戴冠
  • 首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を…
  • 暴君との素敵な結婚生活
  • 眠れない王様のお休み係
  • 呪われた皇帝と百人目の花嫁
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ