ガガガ文庫

双血の墓碑銘 3

双血の墓碑銘 3
ためし読み
定価
704円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/326
ISBN
9784094518849

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/01/19
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
『我らが双血の墓碑銘をここに謳おう――』
日本は“吸血鬼"が支配する欧米諸国に迫られ、ついに長き鎖国の世を終わらせた。
倒幕派が勢いを増すなか、元新選組隊士の柾隼人は吸血種の少女・柩と出会い、その眷属となる。
『誠』の旗を掲げる集団の噂を耳にし、隼人と柩、沖田は仇敵を討つため東海道最大の要害、箱根へと向かう。
故郷で侍としての矜持を改めて胸に刻んだ隼人は、柩を護るため、かつての仲間と鎬を削る。だがそこにも、裏切り者の思惑が絡み、隼人たちはさらなる時代の激動へと巻き込まれてゆく――。
血風吹き荒ぶ幕末異能録第三弾、これにて閉幕!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
歴史ロマン×吸血鬼×異能の幕末異能録第三巻! 物語はいよいよ結末へたどり着きます。戊辰戦争から端を発した侍と吸血鬼の剣爛の歴史、この重厚さは読めば必ず唸らされます。
〈 電子版情報 〉
双血の墓碑銘 3
Jp-e : 094518840000d0000000
『我らが双血の墓碑銘をここに謳おう――』。

日本は“吸血鬼"が支配する欧米諸国に迫られ、ついに長き鎖国の世を終わらせた。
倒幕派が勢いを増すなか、元新選組隊士の柾隼人は吸血種の少女・柩と出会い、その眷属となる。
『誠』の旗を掲げる集団の噂を耳にし、隼人と柩、沖田は仇敵を討つため東海道最大の要害、箱根へと向かう。
故郷で侍としての矜持を改めて胸に刻んだ隼人は、柩を護るため、かつての仲間と鎬を削る。だがそこにも、裏切り者の思惑が絡み、隼人たちはさらなる時代の激動へと巻き込まれてゆく――。
血風吹き荒ぶ幕末異能録第三弾、これにて閉幕!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • 筺底のエルピス 2 -夏の終…
  • 月とライカと吸血姫 5
  • 銀河鉄道の夜を越えて
  • 月とライカと吸血姫 2
  • SSSS.GRIDMAN N…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ