ガガガ文庫

千歳くんはラムネ瓶のなか 4

千歳くんはラムネ瓶のなか 4
ためし読み
定価
803円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/424
ISBN
9784094518665

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/09/18
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
あの夏の、忘れ物を拾いにいこう。
インハイ予選を終えた7月。陽はチームの新キャプテンになった。

仲間とぶつかり合いながら切磋琢磨し、ともに高みを目指す日々。その姿はやけに眩しく、俺の心を揺さぶった。

そんなとき、野球部のエース、江崎が現れる。

「朔……頼む、野球部に戻ってくれ。どうしても、お前の力が必要なんだ」

――あの暑い夏の日。自分で止めた時計が、もう一度音を立てて動き出した。

これは、挫折と葛藤、そしていまだ胸にうずく“熱"の物語。

あの夏を終わらせて、もう一度、夏を始めるための物語。
〈 電子版情報 〉
千歳くんはラムネ瓶のなか 4
Jp-e : 094518660000d0000000
あの夏の、忘れ物を拾いにいこう。

インハイ予選を終えた7月。陽はチームの新キャプテンになった。

仲間とぶつかり合いながら切磋琢磨し、ともに高みを目指す日々。その姿はやけに眩しく、俺の心を揺さぶった。

そんなとき、野球部のエース、江崎が現れる。

「朔……頼む、野球部に戻ってくれ。どうしても、お前の力が必要なんだ」

――あの暑い夏の日。自分で止めた時計が、もう一度音を立てて動き出した。

これは、挫折と葛藤、そしていまだ胸にうずく“熱"の物語。

あの夏を終わらせて、もう一度、夏を始めるための物語。

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • 俺、ツインテールになります。…
  • 転生で得たスキルがFランクだ…
  • サンタクロースを殺した。そし…
  • 俺、ツインテールになります。…
  • 俺、ツインテールになります。…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ