ガガガ文庫

サンタクロースを殺した。そして、キスをした。

サンタクロースを殺した。そして、キスをした。
ためし読み
定価
本体640円+税
発売日
判型/頁
文庫判/312
ISBN
9784094518535

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/06/18
形式
ePub
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
クリスマスを消すため僕は少女の恋人になる
聖夜を間近に控え、街も浮き立つ12月初旬。先輩にフラれた僕は、美しく輝く駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。
クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに……。
そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。
「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」
彼女の持つノートは、『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。だから――
「私と、疑似的な恋人になってください」
第14回小学館ライトノベル大賞、優秀賞受賞作品。
これは、僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
第14回小学館ライトノベル大賞にて、その独特かつ突き抜けた作風により、優秀賞を受賞。

圧倒的な筆力によって描かれるその「青春」は、心の痛いところを抉るような苦さがあり、ここちよい甘さも備えています。

ぜひ一度、手に取って体験してみてください!
〈 電子版情報 〉
サンタクロースを殺した。そして、キスをした。
Jp-e : 094518530000d0000000
クリスマスを消すため僕は少女の恋人になる。

聖夜を間近に控え、街も浮き立つ12月初旬。

先輩にフラれた僕は、美しく輝く駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。


クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに……。


そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。


「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」


彼女の持つノートは、『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。

ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。だから――


「私と、疑似的な恋人になってください」


第14回小学館ライトノベル大賞、優秀賞受賞作品。

これは、僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • 路地裏に怪物はもういない
  • 夏の終わりとリセット彼女
  • 六人の赤ずきんは今夜食べられ…
  • ふあゆ
  • 夏へのトンネル、さよならの出…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ