ガガガ文庫

銀河鉄道の夜を越えて

月とライカと吸血姫 星町編

銀河鉄道の夜を越えて
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
文庫判/246
ISBN
9784094518313

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/03/18
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
もうひとつの「月とライカと吸血姫」の物語
世界が東西に二分され、月を目指し争っていた時代。
極東の島国の「星町」に住む私は、史上初の宇宙飛行士イリナやレフたちに感銘を受け、ひそかに宇宙に夢を見る高校2年生。
親友とケンカ別れしたまま孤独に生きていた私は、幻想的な「星祭り」の夜、建設中の天文台で、人間離れした美貌の少女に出会う。赤い瞳を持つ彼女は、「吸血鬼」と噂され、転校以来ずっと欠席していた同級生のアリアだった。

「さあ、『星巡り』に行きましょう」

アリアの不思議な言葉。手を引かれた私は、気づいたら、宇宙を旅する列車に彼女と乗っていた―――。

牧野圭祐氏と次世代J-POPアーティストH△Gとのコラボで生まれた声劇「銀河鉄道の夜を越えて×月とライカと吸血姫 星町編」。その台本のWeb小説版に、さらに大幅に加筆。
もうひとつの「月とライカと吸血姫」の物語が完成しました。

イラストレーターかれい氏の新規描き下ろしイラスト、声劇台本もまるまる収録!
〈 電子版情報 〉
銀河鉄道の夜を越えて~月とライカと吸血姫 星町編~
Jp-e : 094518310000d0000000
もうひとつの「月とライカと吸血姫」の物語。

世界が東西に二分され、月を目指し争っていた時代。
極東の島国の「星町」に住む私は、史上初の宇宙飛行士イリナやレフたちに感銘を受け、ひそかに宇宙に夢を見る高校2年生。
親友とケンカ別れしたまま孤独に生きていた私は、幻想的な「星祭り」の夜、建設中の天文台で、人間離れした美貌の少女に出会う。赤い瞳を持つ彼女は、「吸血鬼」と噂され、転校以来ずっと欠席していた同級生のアリアだった。

「さあ、『星巡り』に行きましょう」

アリアの不思議な言葉。手を引かれた私は、気づいたら、宇宙を旅する列車に彼女と乗っていた―――。

牧野圭祐氏と次世代J-POPアーティストH△Gとのコラボで生まれた声劇「銀河鉄道の夜を越えて×月とライカと吸血姫 星町編」。その台本のWeb小説版に、さらに大幅に加筆。
もうひとつの「月とライカと吸血姫」の物語が完成しました。

イラストレーターかれい氏の新規描き下ろしイラスト、声劇台本もまるまる収録!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • 電波教師 5
  • アラタカンガタリ~革神語~ …
  • 銀河鉄道999 21
  • 銀河鉄道999 1 出発のバ…
  • 情交 1
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ