ガガガ文庫

されど罪人は竜と踊る 5

されど罪人は竜と踊る 5
ためし読み
定価
本体724円+税
発売日
判型/頁
文庫/516
ISBN
9784094511161

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2009/10/23
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
書き下ろし&おまけで大満足の短編集だ!
完全真説版第五弾は、待望の連作事件簿! エリダナの黒社会に囚われた攻性咒式士と恋人がたどる悲劇(「翅の残照」)、不気味な山小屋に閉じ込められた人々を襲う‘密室殺人’(「道化の予言」)、‘なぜ人を殺してはいけないのか?’という究極の問いをぶつけられるガユスの苦悩(「黒衣の福音」)、ジヴーニャがはしたないメス豚に変身、変態女性医師ツザンの‘肉欲’が爆発、あわれジャベイラが魔法少女に……?され竜史上最も危険な爆笑短編(「禁じられた数字」)、主君モルディーンのためなら何百回でも死ねる男イェスパーの男気(「始まりのはばたき」)と、バラエティに富んだ短編ラインアップ(もちろん、全編強力加筆!)。
さらに今回書き下ろされた新作短編が二編。「幸運と不運と」ではガユスがインチキ商売にはめられ、精神錯乱状態に陥り(こちらも爆笑必至!)、「刃の宿業」ではギギナの狂気の剣術修行が大量の血飛沫の中に描かれる。巻末には文庫版初収録のおまけ超短編「されど極道は仁義と踊る」も入って、お得この上ない一冊!!
〈 電子版情報 〉
されど罪人は竜と踊る5 Hard Days & Nights
Jp-e : 094511160000d0000000
咒式(じゅしき)と策略が吹き荒れるエリダナの街角で、ガユスは答えの出ない問いに迷いつつも咒式を紡ぎ、ギギナは非情の刃を振るう。完全真説版「されど罪人は竜と踊るDD」第五弾は、待望の連作事件簿。二人が行くところ賞金首や<異貌のものども>が哀切な叫びをあげ、邪悪な数字が踊り、新たに詐欺師が笑い、刀が冷たく美しく輝く。苦い結末に笑うしかない幕切れ。人間と社会と世界は一筋縄ではいかない。単純な解決を許さない八つの事件、いつか訪れるかもしれない八つの問いに、あなたならどう答える!?

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • されど罪人は竜と踊る 輪舞 …
  • 妖女伝説 1
  • うる星やつら〔新装版〕 11
  • 烈火の炎 20
  • 秘密警察ホームズ 1
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ