千年の夢 文人たちの愛と死 下

〈 電子版情報 〉
千年の夢 文人たちの愛と死 下巻(小学館文庫)
Jp-e : 094150040000d0000000
作家たちの知られざる素顔を齋藤なずなが独自の感性で描き切った傑作短編集。岡本かの子の奔放な生とそれを支えた夫・一平の並外れた愛情が衝撃的な「堕天女」「聖家族」、定説に挑んで宮沢賢治の恋の真相に迫る「恋文」、あまりに短かった天才・樋口一葉の生涯を綴る「門」、晩年の太宰治の痛ましい心象風景を描いた「傷にしてナイフ」など9話を収録。作者自身の言葉と中野翠のエッセイを加えた「齋藤日本文藝史」の決定版!!

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

あなたにオススメ!

  • わたしの樋口一葉
  • 好妻好局 夫・枡田幸三との4…
  • 粗食派の饗宴
  • 一葉伝説
  • ダックス先生と40人の子ども…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ