千年の夢 文人たちの愛と死 上

〈 電子版情報 〉
千年の夢 文人たちの愛と死 上巻(小学館文庫)
Jp-e : 094150030000d0000000
文学史上に燦然とその名を輝かせる文士たち。だが彼らもやはり人間、人を愛することとその苦しみから逃れることはできなかった。与謝野鉄幹と晶子、そして山田登美子の「三角関係」を描いた「月明」、ともに芸術の高みを目指した高村光太郎と智恵子の痛ましい運命を描く「二つの空」、文豪・夏目漱石が終生秘め続けた想いを夫人が語る「百合の闇」、母の愛を知らずに育った芥川龍之介の哀しみを明かす「東方のイカルス」など、傑作短篇9話を収録。名手・齋藤なずなが独自の感性で鮮烈に描き切った、愛と哀しみの近代日本文学史。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

あなたにオススメ!

  • 恋愛烈伝 上
  • サバンナの二つの星 ジャング…
  • 一葉伝説
  • 遊民爺さん
  • 一齣漫画宣言
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ