小学館文庫

わたくしが旅から学んだこと

わたくしが旅から学んだこと
ためし読み
定価
本体476円+税
発売日
判型/頁
文庫判/224
ISBN
9784094088069
〈 書籍の内容 〉
85歳、兼高かおるさんの大好評エッセイ
1956年から1990年まで、31年続いた長寿番組『兼高かおる世界の旅』において、レポーター、ナレーター、ディレクター、プロデューサーなど何役もつとめ、取材した国は約150か国、地球はゆうに180周はしたという著者・兼高かおるさん。
「私の人生のほとんどが仕事であり、旅だった」と振り返る。
その旅から得た人生観、日本人観、女性観は、オリジナリティーにあふれ、とてもユニークだ。
「去る者は追わず、来る者は選べ」「旅は女性を美しくする」「贅沢が文化を、余裕がアイデアを育てる」「究極の幸せは信じる人に愛されること」など、優しく語りかける言葉の数々は、どれも示唆にとんだものばかりである。
単行本時、NHKはじめ多くのメディアで取り上げられるなど、大反響のエッセイが、ついに文庫化。


レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

兼高さんの自然体の生き方にすごく共感できました。(60代 男性) 2019.8.31

旅行が好きで、タイトルに惹かれて購入。(40代 女性) 2019.6.4

グローバルにいち早く接していた女性として、素敵な方なので。(60代 女性) 2019.4.9

表紙(カバー)の兼高かおるさんの笑顔が、とっても素敵で目に留まりました。 また帯に書かれたヤマザキマリさんのコメントに惹かれて手に取りました。  恥ずかしながら、31年間も続いたという『世界の旅』を拝見したことがありませんでした。が、美しい日本語を使われる方と認識していました。 旅行ではなく『旅』っていうのが惹かれますね。  兼高さんの考え方、生き方、とっても勉強になりました。 「運」「去る者追わず、来るもの選べ」「42歳定年説」 「美の追究が文化を、時間的な余裕がアイデアを育みます」「あとがき」等々。 読みやすくて、さすが表現者だなぁと思いますし、表現力を身に付けたいとおもいました。  どうもありがとうございました。 『世界の旅』を見てみたいです。(40代 女性) 2019.3.20

子供のころ、日曜日だったと思うのですが「世界の旅」と「皇室アルバム」を見るのが大好きでした。兼高かおるさんは憧れの方です。(50代 女性) 2019.2.6

あなたにオススメ!

  • わたくしが旅から学んだこと
  • 考えない練習
  • 利他
  • 最新 世界大地図
  • 百年の快楽
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ