小学館文庫

幕末妖人伝

時代短篇選集1

幕末妖人伝
ためし読み
定価
785円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/448
ISBN
9784094087987

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/04/19
形式
XMDF,ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
時代を超えた衝撃の名作短編を収録。
幕末から明治を舞台に描いた山田風太郎の名短編を、文芸評論家・日下三蔵氏の編により収録した短編集。大きく変わっていく激動期に、あるものは自らの意志を貫き、あるものは時代に翻弄される人生を送った。
 無念流の免許皆伝の腕をもち、佐久間象山の下では、勝麟太郎とならぶ俊才と目されていた、立花久米蔵。蘭方の医者でもあり、妻は外国人の血を受け継いでいた。そんな彼が、黒船渡来で攘夷を唱える声に、異論を述べたことから悲劇が始まる、「ヤマトフの逃亡」。
 火事のため、伝馬町の牢屋敷から囚人の切り放しがあり逃げてきた、高野長英の最後までを描く、「伝馬町から今晩は」。
 ほか全七編。
 
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
二月から、三ヶ月連続で刊行する山田風太郎「時代短編選集」の一冊目です。
〈 電子版情報 〉
幕末妖人伝 時代短篇選集1
Jp-e : 094087980000d0000000
時代を超えた衝撃の名作短編を収録。

幕末から明治を舞台に描いた山田風太郎の名短編を、文芸評論家・日下三蔵氏の編により収録した短編集。大きく変わっていく激動期に、あるものは自らの意志を貫き、あるものは時代に翻弄される人生を送った。
 無念流の免許皆伝の腕をもち、佐久間象山の下では、勝麟太郎とならぶ俊才と目されていた、立花久米蔵。蘭方の医者でもあり、妻は外国人の血を受け継いでいた。そんな彼が、黒船渡来で攘夷を唱える声に、異論を述べたことから悲劇が始まる、「ヤマトフの逃亡」。
 火事のため、伝馬町の牢屋敷から囚人の切り放しがあり逃げてきた、高野長英の最後までを描く、「伝馬町から今晩は」。
 ほか全七編。

あなたにオススメ!

  • 幻妖桐の葉おとし
  • 鍼師おしゃあ
  • かちがらす 幕末の肥前佐賀
  • ニッポンチ! 国芳一門明治浮…
  • かちがらす
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ