小学館文庫

口中医桂助事件帖 かたみ薔薇〔小学館文庫〕

口中医桂助事件帖 かたみ薔薇〔小学館文庫〕
ためし読み
定価
607円(税込)
発売日
判型/頁
文庫/272
ISBN
9784094086140

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/07/20
形式
XMDF,ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
新章突入!桂助の回りで次々と犠牲者が!
桂助に平穏な日々が訪れたと思ったのも束の間だった。側用人の岸田正二郎の指示で、桂助は旗本田島宗則のもとから十年前にいなくなった娘の行方を探し始める。一方、岡っ引きの金五の恩人というべき喜八が殺され、金五も足に大けがを負う。そして、手習塾の女師匠ゆりえが殺害される。また、長い間行方不明だった金五の両親が遺体で発見された。さらには、志保の父・佐竹道順や横井宗甫までも!その人物の多くには、前歯に二本の黒い線が彫られていた。それぞれ犯人がいるものの、不可解な印はなぜ付けられたのか。謎をはらんだ最新刊!

〈 電子版情報 〉
口中医桂助事件帖11 かたみ薔薇
Jp-e : 094086140000d0000000
新章突入!桂助の回りで次々と犠牲者が!

桂助に平穏な日々が訪れたと思ったのも束の間だった。側用人の岸田正二郎の指示で、桂助は旗本田島宗則のもとから十年前にいなくなった娘の行方を探し始める。一方、岡っ引きの金五の恩人というべき喜八が殺され、金五も足に大けがを負う。そして、手習塾の女師匠ゆりえが殺害される。また、長い間行方不明だった金五の両親が遺体で発見された。さらには、志保の父・佐竹道順や横井宗甫までも!その人物の多くには、前歯に二本の黒い線が彫られていた。それぞれ犯人がいるものの、不可解な印はなぜ付けられたのか。謎をはらんだシリーズ第11弾!

あなたにオススメ!

  • 付添い屋・六平太 姑獲鳥の巻…
  • 浄瑠璃長屋春秋記 雪燈
  • ニッポンチ! 国芳一門明治浮…
  • 脱藩さむらい 切り花
  • 付添い屋 六平太 鷹の巻 安…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ