小学館文庫

こうふく あかの

こうふく あかの
定価
本体457円+税
発売日
判型/頁
文庫/192
ISBN
9784094086089
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
二か月連続刊行「こうふく」二部作第二弾
ふたつの物語が、交互に描かれていく。ひとつは、結婚して十二年、三十九歳の調査会社中間管理職の「俺」の妻が、ある日、他の男の子を宿す話。もうひとつは、二〇三五年、小さなプロレス団体に所属する無敵の王者、アムンゼン・スコットの闘いの物語。
三十九歳の「俺」は、しだいに腹が膨れていく妻に激しい憤りを覚えながらも、その様子を見続ける。そして、自壊し、「俺」はバリ島に向かう。バリ島で溺れかけた「俺」は、ある光景を目にする。帰国後、妻の出産に立ち会う。生まれてきた子の肌の色は黒く輝いていた。  
負けることなど考えられない王者、アムンゼン・スコットは、物語の最後、全くの新人レスラーの挑戦を受ける。その男のリング・ネームはサミー・サム。肌の色は黒く、その隆々たる体躯は、チャンピオンを思わぬ窮地に追い込む。リングサイドでは、ひときわ声を涸らして応援する初老の男がいた――。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「こうふく」2部作2か月連続文庫化にあたり、「こうふく みどりの」に続き、巻末に漫画家・西原理恵子さんとの対談を掲載しています。装画は、「みどりの」に続き、漫画家・いくえみ綾さんにお願いしております。

あなたにオススメ!

  • こうふく あかの
  • こうふく みどりの
  • こんなにも優しい、世界の終わ…
  • ヘビメタ中年!
  • 女子は、一日にしてならず
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ