小学館文庫

人は、永遠に輝く星にはなれない

人は、永遠に輝く星にはなれない
ためし読み
定価
本体638円+税
発売日
判型/頁
文庫/368
ISBN
9784094085884
〈 書籍の内容 〉
女性医療ソーシャルワーカーの懸命な日々
猪口千夏は、総合病院である古賀病院の医療相談室をひとりで切り盛りしている。そこは、クライアントが自分や家族の病や生活を少しでもよくしようと、さまざまな相談事を持ちかけてくるのだった。
 頸髄を損傷し、自暴自棄からリハビリを拒否し続ける男性入院患者。ネフローゼの幼い息子の医療費免除が、なぜできないのかを訴える母親。半身不随の夫の退院を自宅に迎えることに反対する裕福な妻。突然のガン宣告を受けて、突然訪問してきた独身のキャリアウーマン……。
 そして意識障害を起こし、錯乱状態になって入院してきた87歳の西原寛治が、新たなクライアントとしてやってきた。千夏の尽力で、寛治は太平洋戦争のコタバル上陸作戦で共に戦った、宮地と会うことになったが……。
 女性医療ソーシャルワーカーと彼女の下を訪れるさまざまなクライアントの姿を通じて、最期まで確かに在るはずの人間の尊厳を鮮烈に描いた長編小説。
 解説は、落合恵子さん。
 

あなたにオススメ!

  • 外科東病棟(小学館文庫)
  • 約束
  • セシルのビジネス
  • わが心のジェニファー
  • 麻酔科医
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ