小学館文庫

新編傑作選4 しづやしづ

新編傑作選4 しづやしづ
ためし読み
定価
本体657円+税
発売日
判型/頁
文庫/384
ISBN
9784094085655
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
周五郎時代劇の真骨頂、下町ものの傑作全8編収録!
時代小説という形の中でしか、描くことのできない、真実の人間の生きざまがある。現代劇から時代劇、掌編から長編と、多彩な作風を持つ周五郎が、「下町もの」の中で描いたのは、まさに裏長屋、岡場所、居酒屋などという場所でしか息づくことのできない、江戸町民の切ない姿だった。ここに描かれた男たち女たちの真実の生は、今も我々に無限の共感を呼び起こす。
夜の屋台店に交錯する人々の姿が切ない「夜の蝶」、故あって無為の日々を送る男の落魄と再生を描く「凍てのあと」、檜にはなれないあすなろに託した若者の生き様「あすなろう」、ささやかな幸福にも戸惑う男女が哀しい「しづやしづ」、若者と岡場所の娼婦の悲劇「雪と泥」、武士の身分を捨て下町に生きようとする若者のあがきを描く「へちまの木」、黒澤明が愛し、「海は見ていた」の脚本の原型にもなった「つゆのひぬま」、説明不要の時代ユーモア「ゆうれい貸家」の全8編を収録。選・解題は、周五郎研究の第一人者、竹添敦子。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
巻末エッセイは作家の山本一力氏。江戸・下町をこよなく愛し、自身も下町に生き、下町を舞台に作品を書き続ける山本一力氏の眼に映る「周五郎の下町」は、周五郎の世界をより深く理解するためには必読です!

あなたにオススメ!

  • 狗賓(ぐひん)童子の島
  • 始祖鳥記(小学館文庫)
  • 汝ふたたび故郷へ帰れず(小学…
  • 雷電本紀(小学館文庫)
  • 神無き月十番目の夜(小学館文…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031