小学館文庫

美の旅人 フランス編 1

美の旅人 フランス編 1
定価
本体733円+税
発売日
判型/頁
文庫/192
ISBN
9784094085549
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
フランス絵画の巨匠を巡る読んで旅するビジュアル文庫
比べるべきもののない都がパリだ~詩人リルケがこう表現した芸術の都へと旅が始まる。「美の旅人スペイン編」に続く、フランス編のシリーズ第一巻。「一枚の素晴らしき絵画」に出逢うために作家・伊集院静が印象派を生んだ世界一の芸術国を巡る。フランス絵画のはじまりといわれるフォンテーヌブロー派から、フランス絵画の父プッサン、風景画の父ロランと、その胎動期の歴史を紐解く。70年前まで時代の闇に埋もれていた謎の画家ラ・トゥール、存在がはっきりせず作品だけが残るル・ナン兄弟などその秘密に迫る。さらに貴族社会の中で生まれた優美さを特徴とするヴァトーやフラゴナール、静物画の巨匠シャルダン、ナポレオンともに生きた行動する画家ダヴィットへと旅は続く。ナポレオンの出現によって芸術国家として飛躍的に変貌をとげたフランス。その中心としてのルーブル美術館の意味とは?オールカラーで楽しむ読んで旅するビジュアル文庫です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
読んで旅するビジュアル文庫のスペイン編に続くフランス編。既刊「美の旅人フランスへ」より、リーズナブルでポータブル。絵画初心者から絵画ファンまで満足できるオールカラーで読み応え十分の美術文庫です。本書を片手に美術館やフランスへ旅をしましょう。

あなたにオススメ!

  • ルーヴル美術館の名画 フェル…
  • 美の旅人 フランスへ
  • オルセー美術館の名画101選
  • ゴッホが挑んだ「魂の描き方」
  • 西洋絵画の歴史 2 バロック…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ