小学館文庫

金色の野辺に唄う

金色の野辺に唄う
ためし読み
定価
本体533円+税
発売日
判型/頁
文庫/256
ISBN
9784094085532
〈 書籍の内容 〉
『バッテリー』著者による、感涙の家族小説
稲穂が金色に輝き、風に揺れてシャラシャラと唄を奏でる山陰の秋。
 娘の奈緒子、孫の嫁・美代子、曾孫・東真、近所の花屋の店員・史明の四人に送られ、九十二歳の松恵は息を引き取ろうとしていた。 
 松恵は、先だった夫が今際の際に発した残酷な言葉を思い出す。
 奈緒子は、だれの子だ…。
「百年近くを生きれば、全て枯れ、悟り、遺す思いもなくなり、身軽に旅立てるとばかり信じておりましたが、どうしてどうして、人間って簡単に軽くはならないようです」
 多くの人の心を受けとめ救った大おばあちゃんが、美しい風景に送られ、今日旅立ちます。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
あさのあつこさんの『バッテリー』『NO.6』『THE MANZAI(ザ・マンザイ)』
シリーズが好きな方には、特にオススメです!
読み終えると、大事な人に会いたくなる一冊です!

あなたにオススメ!

  • 金色の野辺に唄う
  • 末ながく、お幸せに
  • 泣きながら、呼んだ人
  • 鴨川食堂いつもの
  • 愛の鬼才
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31