小学館文庫

みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 奥津軽編

みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 奥津軽編 完黙〔小学館文庫〕

みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 奥津軽編 完黙〔小学館文庫〕
定価
本体571円+税
発売日
判型/頁
文庫/304
ISBN
9784094084344
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
東京・新宿中央公園で地場スーパーの会長・草野重二が他殺死体となって発見された。手がかりは、現場に残された「8」と思われるサインのみ。
一方、大和新聞東北総局遊軍記者の宮沢賢一郎は、青森への出向を命じられる。直後、五所川原市内のパネル工場で殺人事件が発生。宮沢は東京の草野重二殺害事件と五所川原の事件が、「津軽のスローハンド」と呼ばれた津軽三味線伝説の名手・佐藤流海により繋がっていることに気づく。
警察の捜査力を上回るほどの取材力を持つ新聞記者の活躍を描く「みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎」シリーズ第3弾。
〈 電子版情報 〉
みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 奥津軽編 完黙(小学館文庫)
Jp-e : 094084340000d0000000
東京・新宿中央公園で地場スーパーの会長・草野重二が他殺死体となって発見された。手がかりは、現場に残された「8」と思われるサインのみ。一方、大和新聞東北総局遊軍記者の宮沢賢一郎は、青森への出向を命じられる。直後、五所川原市内のパネル工場で殺人事件が発生。宮沢は東京の草野重二殺害事件と五所川原の事件が、「津軽のスローハンド」と呼ばれた津軽三味線伝説の名手・佐藤流海により繋がっていることに気づく。警察の捜査力を上回るほどの取材力を持つ新聞記者の活躍を描く。

あなたにオススメ!

  • 共震
  • 震える牛
  • 謎解きはディナーのあとで 風…
  • 十津川警部 南紀・陽光の下の…
  • ビストロ青猫謎解きレシピ 京…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ