小学館文庫

銀しゃり〔小学館文庫〕

銀しゃり〔小学館文庫〕
定価
本体714円+税
発売日
判型/頁
文庫/512
ISBN
9784094084078

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/06/07
形式
XMDF,ePub
〈 書籍の内容 〉
寛政の江戸深川に「三ツ木鮨」を構えた鮨職人・新吉は親方から受け継いだ柿鮨(こけらずし)の味と伝統を守るため、日々精進を重ねていた。職人の誇りをかけて、満足のいく仕事をする。それが新吉の信条だったが、ふとしたきっかけで旗本勘定方祐筆・小西秋之助の知己を得る。武家の借金を棒引きにする「棄捐令」に思い悩む秋之助との間に、互いの生き様を通して生まれる男同士の信頼感。住む世界が異なろうとも、そこには己れの仕事に命を燃やす男たちの熱い心意気があった。
長屋に暮らす仲間たちと織りなす<笑いあり涙あり>の時代小説。
〈 電子版情報 〉
銀しゃり
Jp-e : 094084070000d0000000
深川に生きる男たちの仕事、人情、心意気。

寛政の江戸深川に「三ツ木鮨」を構えた鮨職人・新吉は親方から受け継いだ柿鮨(こけらずし)の味と伝統を守るため、日々精進を重ねていた。職人の誇りをかけて、満足のいく仕事をする。それが新吉の信条だったが、ふとしたきっかけで旗本勘定方祐筆・小西秋之助の知己を得る。武家の借金を棒引きにする「棄捐令」に思い悩む秋之助との間に、互いの生き様を通して生まれる男同士の信頼感。住む世界が異なろうとも、そこには己れの仕事に命を燃やす男たちの熱い心意気があった。
長屋に暮らす仲間たちと織りなす<笑いあり涙あり>の時代小説。

あなたにオススメ!

  • 弾正星
  • 駄犬道中おかげ参り
  • 新編傑作選3 夜の辛夷
  • 部屋住み遠山金四郎 絡繰り心…
  • み仏のかんばせ
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ