小学館文庫

国芳一門浮世絵草紙 2 あだ惚れ

国芳一門浮世絵草紙 2 あだ惚れ
定価
586円(税込)
発売日
判型/頁
文庫版/272
ISBN
9784094082333

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/02/15
形式
XMDF,ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
〈あだ惚れ〉とは、むなしい恋のこと。登鯉の幼なじみの芸者ちょん太が、亡くなった花魁・髑髏太夫の男に恋心を抱く(「裾風」)。13歳の時に天狗にさらわれ戻ってきたという、国芳の女弟子芳玉。その天狗が現れたときの、芳玉の気持ち(「馬埒」)。国芳と北斎とのたった一度の邂逅(「畸人」)。夫婦にと薦められた武士をめぐる登鯉の、心の動き(「桜褪」)。高野長英の脱獄で見せた、遠山の金さんの心意気(「侠気」)。注目のシリーズ第2弾!
〈 電子版情報 〉
国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れ
Jp-e : 094082330000d0000000
情と粋がたっぷりの、注目シリーズ第2作!

〈あだ惚れ〉とは、むなしい恋のこと。登鯉の幼なじみの芸者ちょん太が、亡くなった花魁・髑髏太夫の男に恋心を抱く(「裾風」)。13歳の時に天狗にさらわれ戻ってきたという、国芳の女弟子芳玉。その天狗が現れたときの、芳玉の気持ち(「馬埒」)。国芳と北斎とのたった一度の邂逅(「畸人」)。夫婦にと薦められた武士をめぐる登鯉の、心の動き(「桜褪」)。高野長英の脱獄で見せた、遠山の金さんの心意気(「侠気」)。注目のシリーズ第2弾!

あなたにオススメ!

  • 部屋住み遠山金四郎 絡繰り心…
  • 長谷川平蔵人足寄場 平之助事…
  • 絵草紙屋万葉堂 鉢植えの梅
  • 突きの鬼一 春雷
  • み仏のかんばせ
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031