小学館文庫

歴史の夜咄

歴史の夜咄
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
文庫/304
ISBN
4094080678
〈 書籍の内容 〉
国民的作家である司馬遼太郎と、地方史・部落史・女性史など新しい視点から数々の研究を発表してきた歴史学者の林屋辰三郎というふたりの碩学による対談集。高松塚古墳で高句麗の影響を論じ、大化の改新に隋・唐帝国成立の影響を探る……。平易な語り口で、古代から江戸時代までを縦横無尽に論じています。歴史を読む楽しさを感じながら、日本について考える上での、さまざまな示唆を与えてくれる贅沢な1冊です。

あなたにオススメ!

  • 全集 日本の歴史 第1巻 列…
  • 日本の歴史 飛鳥の朝廷
  • サライの江戸 江戸城と大奥
  • 日本史漫遊(小学館文庫)
  • 未盗掘古墳と天皇陵古墳
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ