小学館文庫

そして陰謀が教授を潰した

~青山学院春木教授事件 四十五年目の真実~

そして陰謀が教授を潰した
ためし読み
定価
858円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/384
ISBN
9784094071085

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2022/01/07
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
教授による教え子強姦事件は有罪か、無実か
本作は、1973年に青山学院で起きた「教授による女子学生強姦事件」の真相を、
元新聞記者である著者が執念をもって追いかけた45年の集大成となるノンフィクション。

青山学院法学部・春木猛教授(当時63歳)が、教え子の同大文学部4年生の女子学生へ、3度に亘る強制猥褻・強姦致傷の容疑で逮捕される。

春木教授は懲役3年の実刑が確定し、一応の決着とされるが、
教授自身は終生「冤罪」を訴え、無念のまま亡くなった――

事件当時、新聞記者だった早瀬氏は、事件の裏にある、
女子学生の不可解な言動や、学内派閥争い、バブル期の不動産をめぐる動きなど、
きな臭いものを感じ、45年かけて地道に取材を続けます。

有罪なのか、冤罪なのか、
事件だったのか、罠だったのか……。

本書は、その取材の記録と、
早瀬氏なりの「事件の真相」に迫る作品。

小説家の姫野カオルコ氏による文庫解説も必読です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家でもある早瀬氏は
現在84歳ですが、
本書の文庫あとがきを執筆されるにあたり、
事件の関係者の自宅を調べ上げて取材するなど、
「記者魂」は今もなお全く衰えることがありません。

現在では「古い事件」となってしまっていますが、
かつては、ハルキといえば、村上でも角川でもなく「春木教授」のことを真っ先に思い出した人が大勢いたはずだ、と
本書の解説原稿で小説家の姫野カオルコ氏はお書きになっています。

欲望と悪意うずまくこの事件のことを知らない世代にこそ、
早瀬氏の記者魂をお読みいただきたい、執念の一作です。
〈 電子版情報 〉
そして陰謀が教授を潰した ~青山学院春木教授事件 四十五年目の真実~
Jp-e : 094071080000d0000000
教授による教え子強姦事件は有罪か、無実か。

本作は、1973年に青山学院で起きた「教授による女子学生強姦事件」の真相を、
元新聞記者である著者が執念をもって追いかけた45年の集大成となるノンフィクション。

青山学院法学部・春木猛教授(当時63歳)が、教え子の同大文学部4年生の女子学生へ、3度に亘る強制猥褻・強姦致傷の容疑で逮捕される。

春木教授は懲役3年の実刑が確定し、一応の決着とされるが、
教授自身は終生「冤罪」を訴え、無念のまま亡くなった――

事件当時、新聞記者だった早瀬氏は、事件の裏にある、
女子学生の不可解な言動や、学内派閥争い、バブル期の不動産をめぐる動きなど、
きな臭いものを感じ、45年かけて地道に取材を続けます。

有罪なのか、冤罪なのか、
事件だったのか、罠だったのか……。

本書は、その取材の記録と、
早瀬氏なりの「事件の真相」に迫る作品。

小説家の姫野カオルコ氏による文庫解説も必読です。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

一人の人間がおそろしい謀略で簡単に潰されていくのかと憤りを感じながら読みました。教授や著者の執念も感じられ一字一句引き込まれました。被害者と言われている女性の現在の心の中を覗いてみたいです。(70代 女性) 2022.1.13

知っているようでいて、知らないことの多さに気づき愕然。時間の経過と、関係者の変わりざまにビックリ。(60代 男性) 2022.1.10

あなたにオススメ!

  • 絶望裁判
  • 海峡に立つ
  • 死にたい、ですか
  • 結愛へ 目黒区虐待死事件 母…
  • 骨ん中
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031