小学館文庫

かすがい食堂 あしたの色

かすがい食堂 あしたの色
ためし読み
定価
682円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/256
ISBN
9784094070811

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/11/05
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
下町の子ども食堂が世界と繋がる第2弾!
祖母から駄菓子屋「かすがい」を引き継いだ春日井楓子が、店の奥で子ども食堂を始めて1年が経った。

親のネグレクトが原因でまともなご飯を食べていなかった翔琉は大人しく感情もほとんどあわらにしなかったが、通い続けるうちに少しずつ打ち解けるようになった。摂食障害を患っていた夏蓮は元気を取り戻し、積極的に買い物や調理を手伝ってくれている。

中一になった亜香音が友人・彩希を連れてやって来た。髪を染めたことで教師や親に叱られ、家出中だと言うが──(第一話 少女と嘘と白黒パンダ)。

日本語が流暢な黒い肌の少年、日本で働く母親と暮らすためベトナムからやってきた少女、新たなお客さまを迎え、差別や偏見など彼らの抱える問題に楓子は直面するが、かすがい食堂のみんなでごはんを作って食べながら、何が出来るかを考える。

幻のカレイ(?)のムニエル、自分でにぎるおにぎり、ライスペーパーの春巻き、お好みの具材をのせるビビンバなど、わくわくする献立も充実。下町の子ども食堂から世界を知る人気シリーズ第二弾。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
シリーズ第1弾は、発売直後に「王様のブランチ」ブックコーナーで取り上げられ、いじめや貧困など子どもをめぐる問題をテーマに掲げながら、多くの方に好評をいただきました。第2弾のテーマは「多様性(ダイバーシティ)」です。子どもたちを救う温かい料理の物語と並行し、何が差別で、なぜいけないのか、著者がわかりやすい言葉で伝えます。読む人すべての心に響くメッセージが詰まった渾身の一作です。
〈 目次をみる 〉
第一話 少女と嘘と白黒パンダ

第二話 異なる色、異なる景色

第三話 母の真っ赤なオムライス

第四話 わたしの色、あしたの色
〈 電子版情報 〉
かすがい食堂 あしたの色
Jp-e : 094070810000d0000000
下町の子ども食堂が世界と繋がる第2弾!

祖母から駄菓子屋「かすがい」を引き継いだ春日井楓子が、店の奥で子ども食堂を始めて1年が経った。

親のネグレクトが原因でまともなご飯を食べていなかった翔琉は大人しく感情もほとんどあわらにしなかったが、通い続けるうちに少しずつ打ち解けるようになった。摂食障害を患っていた夏蓮は元気を取り戻し、積極的に買い物や調理を手伝ってくれている。

中一になった亜香音が友人・彩希を連れてやって来た。髪を染めたことで教師や親に叱られ、家出中だと言うが──(第一話 少女と嘘と白黒パンダ)。

日本語が流暢な黒い肌の少年、日本で働く母親と暮らすためベトナムからやってきた少女、新たなお客さまを迎え、差別や偏見など彼らの抱える問題に楓子は直面するが、かすがい食堂のみんなでごはんを作って食べながら、何が出来るかを考える。

幻のカレイ(?)のムニエル、自分でにぎるおにぎり、ライスペーパーの春巻き、お好みの具材をのせるビビンバなど、わくわくする献立も充実。下町の子ども食堂から世界を知る人気シリーズ第二弾。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

かすがい食堂1弾がとても良くて、わたしてきベスト10に入っているので、2弾も気になっていました。表紙のイラストと、帯の色から、この本の世界観を感じられ良かったです。(40代 女性) 2021.11.18

一巻めを読んで、良い話だったので又買いました。(50代 女性) 2021.11.11

あなたにオススメ!

  • 嫌な子・ダメな子なんて言わな…
  • 「いのち」と「いじめ」を考え…
  • 指輪という枷を外す時【マイク…
  • どんぐりの家 5
  • 出口汪の日本語論理トレーニン…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ