逆説の日本史

逆説の日本史24 明治躍進編 帝国憲法と日清開戦の謎

逆説の日本史24 明治躍進編 帝国憲法と日清開戦の謎
ためし読み
定価
990円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/400
ISBN
9784094070781

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/10/06
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
「欧米列強」への仲間入りを果たせ!
 本書では、日本が世界の表舞台に躍り出ることになった明治中~後期を、痛快な“井沢史観"で読み解きます。
 まず、明治新政府の「骨格」となった大日本帝国憲法が成立するまでの秘話に迫っていきます。この憲法の制定にあたり、伊藤博文・岩倉具視ら“維新生き残りコンビ"と、大隈重信・福澤諭吉ら“早慶連合"が激しく火花を散らし対立したのはなぜなのか? また、最終的に勝利したのは、どちらだったのか? さらに、彼らの陰で暗躍し「明治国家形成のグランドデザイナー」とも呼ばれる井上毅とは、いったい何者だったのか?
 次に、憲法制定後に開設されたばかりの帝国議会がたびたび紛糾・空転し、首相・伊藤博文を悩まし続けていたにもかかわらず、清国との開戦に踏み切ることができた謎に迫ります。
 そして、それまで極東のちっぽけな国に過ぎなかった日本が、『定遠』『鎮遠』という強力な戦艦を擁する北洋艦隊を誇った“眠れる獅子"清国を打ち破ることができた理由と、その勝利の結果手に入れることになった「膨大な利益」についても詳しく考察していきます。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
『週刊ポスト』誌上で約30年間にもわたって連載中の、作家・井沢元彦氏による歴史ノンフィクション『逆説の日本史』。単行本最新刊となる24巻では、極東の小さな国ニッポンが、欧米列強の仲間入りを目指して奮闘する姿を活写します。
〈 電子版情報 〉
逆説の日本史24 明治躍進編 帝国憲法と日清開戦の謎
Jp-e : 094070780000d0000000
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

「欧米列強」への仲間入りを果たせ!

 本書では、日本が世界の表舞台に躍り出ることになった明治中~後期を、痛快な“井沢史観"で読み解きます。
 まず、明治新政府の「骨格」となった大日本帝国憲法が成立するまでの秘話に迫っていきます。この憲法の制定にあたり、伊藤博文・岩倉具視ら“維新生き残りコンビ"と、大隈重信・福澤諭吉ら“早慶連合"が激しく火花を散らし対立したのはなぜなのか? また、最終的に勝利したのは、どちらだったのか? さらに、彼らの陰で暗躍し「明治国家形成のグランドデザイナー」とも呼ばれる井上毅とは、いったい何者だったのか?
 次に、憲法制定後に開設されたばかりの帝国議会がたびたび紛糾・空転し、首相・伊藤博文を悩まし続けていたにもかかわらず、清国との開戦に踏み切ることができた謎に迫ります。
 そして、それまで極東のちっぽけな国に過ぎなかった日本が、『定遠』『鎮遠』という強力な戦艦を擁する北洋艦隊を誇った“眠れる獅子"清国を打ち破ることができた理由と、その勝利の結果手に入れることになった「膨大な利益」についても詳しく考察していきます。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

全刊 読ませて頂いております。 次刊早く出ないかといつも心待ちにしています(ハードカバーで読めば良いだろうと思われるかもですが 重いので……)  今までの常識では無い日本史がそこにある! 毎回楽しくてしようがないです。(50代 女性) 2021.11.24

シリーズ最新作、待っていました。(60代 男性) 2021.10.31

シリーズですずっと買っているので。(60代 男性) 2021.10.21

井沢史観に共感している。(70代 男性) 2021.10.9

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史 24
  • 名探偵コナン推理ファイル 日…
  • 逆説の日本史 26
  • 逆説の日本史 23
  • 大東亜論 最終章 朝鮮半島動…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ