小学館文庫

ムショぼけ

ムショぼけ
ためし読み
定価
814円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/320
ISBN
9784094070613

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/09/07
形式
ePub

テレビ・映画化情報
「ムショぼけ」

〈 書籍の内容 〉
発売前に地上波連ドラ化決定!衝撃の一冊
祝!地上波テレビ連続ドラマ化決定!!

大阪刑務所の門の前に、40過ぎの男がひとり立っていた。
陣内宗介、元ヤクザ。14年ぶりのシャバだ。
ジギリ(組のために身体を張ること)で銃を握って長期服役したのに、5000万円の見返りどころか、組を破門になった。妻も子供も離れていった。
絵に描いたような、社会のおちこぼれだ。
陣内は還暦すぎたオカンと2人暮らしを始め、カタギになった元若頭の内装屋で仕事を始める。ユーチューバーになって調子こいている元舎弟を呼び出してドヤしつけると、元舎弟にメッセージが届いた。
「その人、私の父かもしれません」。メッセージの送り主は、14年会っていなかった娘だった――

長期服役によって「拘禁反応」(いわゆるムショぼけ)に悩まされる男が、ヤクザとカタギと家族と仲間と一緒になって、怒って、ヘコんで、笑って、泣いて、まっすぐに、兵庫・尼崎の夏を駆け抜ける。

狂っているのは、俺なのか、世界なのか。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
本作品が地上波テレビ連続ドラマ化されることに決まりました!
原作小説の発売前に関係者の間で話題になり、すでにテレビ局が動き出し、ドラマ撮影が始まるという、衝撃的で、前代未聞の一冊になりました。
本作の舞台は、著者の沖田氏が生まれ育った兵庫県尼崎市。その空気感をリアルに伝えるために、ドラマもオール関西ロケで撮影されたそうです。
21年10月より、ABC放送・テレビ神奈川にて放送スタート。主演は、連ドラ初主演の実力派俳優、北村有起哉さんです。全編関西弁で、ドスの効いたセリフから、クスッと笑えるシーンまで、笑いあり涙ありの作品になっているようで、乞うご期待です!
原作小説である本作と、ドラマで、ガッツリと「ムショぼけ」の世界をお楽しみください。
〈 電子版情報 〉
ムショぼけ
Jp-e : 094070610000d0000000
発売前に地上波連ドラ化決定!衝撃の一冊。

祝!地上波テレビ連続ドラマ化決定!!

大阪刑務所の門の前に、40過ぎの男がひとり立っていた。
陣内宗介、元ヤクザ。14年ぶりのシャバだ。
ジギリ(組のために身体を張ること)で銃を握って長期服役したのに、5000万円の見返りどころか、組を破門になった。妻も子供も離れていった。
絵に描いたような、社会のおちこぼれだ。
陣内は還暦すぎたオカンと2人暮らしを始め、カタギになった元若頭の内装屋で仕事を始める。ユーチューバーになって調子こいている元舎弟を呼び出してドヤしつけると、元舎弟にメッセージが届いた。
「その人、私の父かもしれません」。メッセージの送り主は、14年会っていなかった娘だった――

長期服役によって「拘禁反応」(いわゆるムショぼけ)に悩まされる男が、ヤクザとカタギと家族と仲間と一緒になって、怒って、ヘコんで、笑って、泣いて、まっすぐに、兵庫・尼崎の夏を駆け抜ける。

狂っているのは、俺なのか、世界なのか。

(底本 2021年9月発行作品)

あなたにオススメ!

  • 錬金(シノギ)の帝王
  • 今日からパパは神様です。 1
  • 男の船出
  • 閉じ込められた女
  • 最愛の男に銃口を【マイクロ】…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ