小学館文庫

食と酒 吉村昭の流儀

食と酒 吉村昭の流儀
ためし読み
定価
726円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/288
ISBN
9784094070491

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/08/06
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
人気作家・吉村昭に迫る書き下ろし文庫。
没後15年を経て、
いまだに広く愛読されている国民的作家、吉村昭。

膨大な史料の博捜と綿密な取材で、
日本人の知られざる歴史と
庶民の生活を描いた作家の唯一の楽しみは、
「食べること、呑むこと」だった。

吉村昭と、夫人で芥川賞作家の津村節子の生活の細部を、
二人が書いた随筆、小説、対談などから紐解いて、
吉村昭が愛した日本の食と酒、
そして取材旅行で訪れたさまざまな町の味を紹介する。

吉村文学の原点である戦争体験と療養生活、
夫婦で北海道をさすらった不遇時代の記憶などが、
吉村昭の「食と酒」への執着とどう関わっていたのか。

下町に生まれ、
人との関わりを何よりも大切にした吉村昭にとっての
「いい旅、いい味」とは何だったのか。
夫婦ともに多忙な作家だった吉村家の毎日の献立は? 

吉村昭の食と酒、そして旅を通じて浮かび上がる夫婦の絆と愛情を、
作家・谷口桂子があますところなく記す、完全書き下ろし文庫。

巻末解説は吉村昭と交友があった直木賞作家、出久根達郎氏。
〈 電子版情報 〉
食と酒 吉村昭の流儀
Jp-e : 094070490000d0000000
人気作家・吉村昭に迫る書き下ろし文庫。

没後15年を経て、
いまだに広く愛読されている国民的作家、吉村昭。

膨大な史料の博捜と綿密な取材で、
日本人の知られざる歴史と
庶民の生活を描いた作家の唯一の楽しみは、
「食べること、呑むこと」だった。

吉村昭と、夫人で芥川賞作家の津村節子の生活の細部を、
二人が書いた随筆、小説、対談などから紐解いて、
吉村昭が愛した日本の食と酒、
そして取材旅行で訪れたさまざまな町の味を紹介する。

吉村文学の原点である戦争体験と療養生活、
夫婦で北海道をさすらった不遇時代の記憶などが、
吉村昭の「食と酒」への執着とどう関わっていたのか。

下町に生まれ、
人との関わりを何よりも大切にした吉村昭にとっての
「いい旅、いい味」とは何だったのか。
夫婦ともに多忙な作家だった吉村家の毎日の献立は? 

吉村昭の食と酒、そして旅を通じて浮かび上がる夫婦の絆と愛情を、
作家・谷口桂子があますところなく記す、完全書き下ろし文庫。

巻末解説は吉村昭と交友があった直木賞作家、出久根達郎氏。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

吉村昭さんと夫人で作家の津村節子さんのエッセイの中から主に食と酒に関わる部分を集められています。  そこに著者の谷口桂子さんの解説と感想が加えられ、吉村昭ファンであってもなくても十分に楽しめる食と酒、旅行、夫婦の絆の本です。  谷口さんが‘’はじめに‘’で  文学に、人生に、真摯に向き合った、チャーミングな人となりに触れていただければ幸いです。  と書いている通り、チャーミングな吉村昭を知るきっかけにもなりました。(60代 男性) 2021.8.22

作者は高校の同級生です。(60代 男性) 2021.8.9

あなたにオススメ!

  • 方丈記
  • 落語小説集 芝浜
  • 越し人 芥川龍之介最後の恋人
  • 福永武彦 電子全集15 『別…
  • 愛を描いたひと イ・ジュンソ…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ