小学館文庫

死にたい、ですか

死にたい、ですか
定価
825円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/360
ISBN
9784094070446
〈 書籍の内容 〉
自死遺族の苦悩と葛藤をリアルに描く衝撃作
 人見由愛の兄・典洋が高校でのいじめに耐えられず、自ら命を絶ってから4年後の家族の物語。由愛は高校3年。兄の心の声に気づけなかった自分を責めながらも、親友の三葉に救われながら前向きに生きている。母親の伊代は今も息子の死を受け入れられず、無念をはらそうと裁判を起こす。家庭も仕事もうまくいかない父親はアルコールに依存。家族は崩壊寸前だった。
 一方、伊代からの依頼で典洋の裁判を取材することになった新聞記者・大同要もまた、自身のトラウマと葛藤し、カウンセリングに通う日々。記者として裁判を傍聴するうち、次第に人見一家に深入りしていく。そして由愛のまっすぐな生き方に、要のかたくなな心も動き始める。
 裁判では、典洋をいじめた首謀者の同級生、当時の担任、顧問、かつては典洋の親友でもあった由愛の初恋相手の翔が、証言台に立っていく。誰一人いじめを認めないまま淡々と続く裁判。このままでは何一つ変わらない、私たち家族が沈んでいくだけ、と悟った由愛は、ある重大な決意をするが……。
 文庫化にあたり、お笑いタレントの白鳥久美子氏が巻末解説を特別寄稿。いじめを経験したからこその視点で物語を読み解く。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
やり場のない悲しさと怒りを抱えながらも、希望の光に手を伸ばし続ける由愛たちの物語は、まるで、今という時代を生きる私たちへのメッセージのようです。
児童文学のベストセラー作家、野間児童文芸賞受賞の著者は、自身も壮絶ないじめ、虐待の被害者でした。その経験、熱い想いを、一般文芸デビュー作の本作に込めてくださいました。
いじめ遺族の問題に切り込んだ意欲作、待望の文庫化です。
いじめ被害の経験を持つ、白鳥久美子さんの解説原稿も胸に迫ります。

あなたにオススメ!

  • 死にたい、ですか
  • 西原理恵子X月乃光司のおサケ…
  • 八月の光・あとかた
  • 夜ごとの揺り籠、舟、あるいは…
  • ヒトリコ
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ