小学館文庫

今読みたい太宰治私小説集

今読みたい太宰治私小説集
ためし読み
定価
770円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/368
ISBN
9784094070262
〈 書籍の内容 〉
「今」の感性で読む、体温を感じる私小説集
両親にも祖母にも心を開かず、兄たちからはいじめられ、つねに劣等感や不安に苛まれていた津軽での幼・少年期を書き、文壇デビュー作となった「思い出」。実家を離れていた太宰の十年ぶりの帰郷で感じた故郷への、家族への思いを綴った「帰去来」。母危篤の報を受け、妻子を連れての帰郷を描いた「故郷」。太平洋戦争下の時局差し迫る中、出版社からの依頼で旅した津軽での3週間をまとめた「津軽」。そして、「富嶽百景」は、退廃的な生活を送っていた太宰が、富士山の麓の宿に滞在し、小説家として再生するまでの日々を描いた作品。激しい女性関係で有名な太宰の、ただ一人の「妻」となった石原美和子との結婚までの日々も赤裸々に綴られています。
私小説と言われるこの5つの話で、太宰は、社会での生きにくさと自分の弱さをありのままに綴りながら、人間らしく生きるとは何かを模索し続けています。それは、思うようにならない「今」という社会を生きる私たちにとって一筋の希望の光になるのではないでしょうか。
巻末には、スーパー中学生作家としてデビューし、活躍を続ける現役高校生作家鈴木るりか氏の特別寄稿を掲載。瑞々しい感性で読み解いた解説文も必読です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「命あらばまた他日。元気で行こう。絶望するな。」解説文でも取り上げられたこの一文には、タイトル「今読みたい」に込めた思いが凝縮されています。太宰の若き日の心情と生き様は、「今」こそ若者の共感を得るのではないでしょうか。
今回は太宰治のファンに限らず今まで歴史上の人物と思っている若い世代の方々にも読んでいただきたいと思い、編集しました。現役高校生作家鈴木るりかさんがその魅力をよりわかりやすく伝えてくれます。
〈 目次をみる 〉
目次

思い出      005
富嶽百景    061
帰去来     091
故郷       123
津軽       147

【解説】桜桃忌が来る     鈴木るりか    361

あなたにオススメ!

  • 帰去来
  • 津軽
  • 14歳、明日の時間割
  • 辻音楽師の唄
  • さよなら、田中さん
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ