小学館文庫

鍬ヶ崎心中 幕末宮古湾海戦異聞

鍬ヶ崎心中 幕末宮古湾海戦異聞
定価
836円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/368
ISBN
9784094070217

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/05/07
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
戊辰戦争に命をかけた名も無き武士の物語
明治時代の幕開け、幕府の再興を信じて闘う名も無き多くの若者たちが血を流していた。
舞台は盛岡藩宮古。鳥羽伏見に端を発し箱館戦争に至る旧幕府と新政府が死闘を繰り広げる戊辰戦争。宮古湾鍬ヶ崎には、幕府の復活を信じて忠誠を誓う男、青年・七戸和磨の姿があった。そんな男に思いを寄せる千代菊。

時代が刻々と変化する中で、変わらぬ絆を求め、せめぎ合う女・千代菊と、
どうせ時代が変わるならと命をも捨てる覚悟の男、和磨。
新政府軍と旧幕府軍が相まみえた宮古湾海戦で待ち受ける二人の運命は・・・・・?
震災から10年。宮古という町に、いにしえから脈々と歴史が紡がれていることを、世に知って欲しいという著者のメッセージが強く響く。
〈 電子版情報 〉
鍬ヶ崎心中 幕末宮古湾海戦異聞
Jp-e : 094070210000d0000000
戊辰戦争に命をかけた名も無き武士の物語。

明治時代の幕開け、幕府の再興を信じて闘う名も無き多くの若者たちが血を流していた。
舞台は盛岡藩宮古。鳥羽伏見に端を発し箱館戦争に至る旧幕府と新政府が死闘を繰り広げる戊辰戦争。宮古湾鍬ヶ崎には、幕府の復活を信じて忠誠を誓う男、青年・七戸和磨の姿があった。そんな男に思いを寄せる千代菊。

時代が刻々と変化する中で、変わらぬ絆を求め、せめぎ合う女・千代菊と、
どうせ時代が変わるならと命をも捨てる覚悟の男、和磨。
新政府軍と旧幕府軍が相まみえた宮古湾海戦で待ち受ける二人の運命は・・・・・?
震災から10年。宮古という町に、いにしえから脈々と歴史が紡がれていることを、世に知って欲しいという著者のメッセージが強く響く。

※この作品は単行本版として配信されていた作品の文庫本版です。

あなたにオススメ!

  • 鍬ヶ崎心中
  • 鍼師おしゃあ
  • 大東亜論 第三部 明治日本を…
  • かちがらす 幕末の肥前佐賀
  • 新編傑作選3 夜の辛夷
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031