小学館文庫

花舞う里

花舞う里
ためし読み
定価
825円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/360
ISBN
9784094068986
〈 書籍の内容 〉
心の居場所を探す少年の伝承と再生の物語
 親友が事故で亡くなったのは自分のせい、と自らを責め、心を閉ざしてしまった中学2年の杉本潤。母と一緒に、東京から逃げるように母の故郷の愛知県奥三河・澄川へと引っ越す。そこはコンビニもファストフードの店もないど田舎だが、700年の歴史を持つ「花祭り」という神事、伝統芸能が根付く山深い地域だった。
奥三河にある10を超す集落が各々に伝わる「花祭り」を大切に守っているが、どこも少子化と過疎化の問題は深刻。潤の新たなクラスメイトもたったの3人で、潤の転入によって久しぶりに集落の中学生だけで少年の舞である「三つ舞」ができると皆が期待する。しかし、人との関わりを極力避けたい潤には煩わしさしかない。
 “親友を失った自分が、「神」に捧げる神楽だなんて――"。
祭りへの参加を拒否する潤。だが次第に、周囲の人々の心にも巣食う悩みや悲しみ、この世の不条理さを知るようになる。
守るべき伝統と、受け入れざるを得ない変化。少年の心の成長と、「今」を懸命に生きる人々を描く、美しくて愛おしい再生の物語。
解説は中江有里。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 主人公は中学生ですが、けっして若い方だけに向けた小説ではありません。人物の心情を丁寧に掬い取る古内一絵さんの筆致は今作でも健在で、誰もが抱える悲しみや切なさを静かに浮かび上がらせます。さらに、実際に現地で取材を重ねて、作中で描かれる祭りのシーンも秀逸。おごそかながら熱気に満ち溢れた、まるでその場にいるような感覚を味わえます。登場人物たちの思いとともに、ひと晩中続く「花祭り」の雰囲気を存分に楽しんでください。
〈 目次をみる 〉
目次

プロローグ   5
1 澄川   6
2 澄川中学校   14
3 鷽   29
4 ふるさと教室   43
5 少女   54
6 発露   65
7 ハナ   81
8 菌糸の森   91
9 既視   110
10 神部屋   121
11 面談   135      
12 特別授業   149
13 夜道   161
14 新年   170
15 冬休み   186
16 根   205
17 稽古   217
18 取材   230
19 メール   242
20 決心   261
21 タイムカプセル   277
22 生まれ清まり   293
23 初舞台   303
24 はな舞う里   318
エピローグ   344

【解説】縦と横に伸びる    中江有里   349
〈 電子版情報 〉
花舞う里
Jp-e : 094068980000d0000000
心の居場所を探す少年の伝承と再生の物語。

 親友が事故で亡くなったのは自分のせい、と自らを責め、心を閉ざしてしまった中学2年の杉本潤。母と一緒に、東京から逃げるように母の故郷の愛知県奥三河・澄川へと引っ越す。そこはコンビニもファストフードの店もないど田舎だが、700年の歴史を持つ「花祭り」という神事、伝統芸能が根付く山深い地域だった。
奥三河にある10を超す集落が各々に伝わる「花祭り」を大切に守っているが、どこも少子化と過疎化の問題は深刻。潤の新たなクラスメイトもたったの3人で、潤の転入によって久しぶりに集落の中学生だけで少年の舞である「三つ舞」ができると皆が期待する。しかし、人との関わりを極力避けたい潤には煩わしさしかない。
 “親友を失った自分が、「神」に捧げる神楽だなんて――"。
祭りへの参加を拒否する潤。だが次第に、周囲の人々の心にも巣食う悩みや悲しみ、この世の不条理さを知るようになる。
守るべき伝統と、受け入れざるを得ない変化。少年の心の成長と、「今」を懸命に生きる人々を描く、美しくて愛おしい再生の物語。
解説は中江有里。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

フラダン、マカンマランを読んでファンになりました。(50代 女性) 2021.3.21

あなたにオススメ!

  • 一日の苦労は、その日だけで十…
  • 八月の光・あとかた
  • iレイチェル
  • Bowing! ボウイング …
  • セルフ 1
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ