小学館文庫

かすがい食堂

かすがい食堂
ためし読み
定価
638円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/224
ISBN
9784094068917
〈 書籍の内容 〉
駄菓子屋の奥に、子どもだけの食堂開店!
激務の末にロケ先で怪我を負い、心身ともにダメージを負った楓子は憧れて入った映像制作会社を25歳で退職した。実家で無為徒食の生活を過ごした後、80歳になる祖母が営んでいた東京・下町の駄菓子屋「かすがい」を継ぐことになった。

1ヶ月経ち、「おばちゃん」と子どもたちに呼ばれるのにも慣れ、常連の子の顔と名前も覚えて来た頃、ひとりの少年の存在に気がつく。夕刻にやって来てきっちり300円分の菓子を買って帰るのだ。その理由に気がついた楓子がとった行動とは──(第一話 その名も『かすがい食堂』)。

貧困、いじめ、摂食障害など問題を抱える子どもたちのために、楓子は店の奥の台所で食事を提供することにした。肉汁のあふれるハンバーグ、もりもりごはんが進む野菜炒め、みんなで囲む寄せ鍋……!! 
楽しく温かい食卓を描く全四話。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
児童の貧困やネグレクト、いじめや摂食障害など現代の子どもたちが抱える問題を扱いながら、メインはその食卓に並ぶお腹も心も満たされる楽しくて美味しい料理。子どもたちに寄り添う下町の人情味あふれる駄菓子屋を舞台に、20代の店主と子どもたちの触れ合いを描く意欲作です。
〈 目次をみる 〉
第一話 その名も『かすがい食堂』
第二話 むかしむかしあるところに
第三話 呪われた少女が望んだもの
第四話 あなたの夢は、なんですか
〈 電子版情報 〉
かすがい食堂
Jp-e : 094068910000d0000000
駄菓子屋の奥に、子どもだけの食堂開店!

激務の末にロケ先で怪我を負い、心身ともにダメージを負った楓子は憧れて入った映像制作会社を25歳で退職した。実家で無為徒食の生活を過ごした後、80歳になる祖母が営んでいた東京・下町の駄菓子屋「かすがい」を継ぐことになった。

1ヶ月経ち、「おばちゃん」と子どもたちに呼ばれるのにも慣れ、常連の子の顔と名前も覚えて来た頃、ひとりの少年の存在に気がつく。夕刻にやって来てきっちり300円分の菓子を買って帰るのだ。その理由に気がついた楓子がとった行動とは──(第一話 その名も『かすがい食堂』)。

貧困、いじめ、摂食障害など問題を抱える子どもたちのために、楓子は店の奥の台所で食事を提供することにした。肉汁のあふれるハンバーグ、もりもりごはんが進む野菜炒め、みんなで囲む寄せ鍋……!! 
楽しく温かい食卓を描く全四話。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

家の近所にも駄菓子屋さんがあります。きっと店番の方も子どもたちの様子を見てるのでしょうね。 この駄菓子屋さんのお姉さんのようにお節介なひともいていいんだと考えさせられました。朝日おばあちゃんも素敵なアドバイスです!(60代 女性) 2021.4.20

とても面白かったです。 ドラマ化を期待しております。(40代 男性) 2021.4.17

子どもの書籍購入に、同行していました。 今月のランキング書棚の下の方で、たまたまこの本をみつけました。本の帯と、書籍題名や表紙絵に惹かれ、ちょっとみてみようと購入しました。(40代 女性) 2021.4.4

こども食堂に興味があり、読んでいてほっこりした気持ちになれそうだったので。サラッと読めて疲れを取ってもらえそう。(50代 女性) 2021.3.21

現在、社会福祉を学んでいるので、この本を読んで学ばさせてもらうことがたくさんありました。かすがい食堂以外にも、気になる本がたくさんあるので近々また本屋さんに行きたいと思います。(10代 女性) 2021.3.15

あなたにオススメ!

  • 舞妓さんちのまかないさん 1…
  • 舞妓さんちのまかないさん 6
  • 舞妓さんちのまかないさん 8
  • それいけ!アンパンマン いっ…
  • 美味しんぼア・ラ・カルト 1…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ