小学館文庫

さんばん侍 利と仁

〈 書籍の内容 〉
江戸の企業再建エンターテインメント!
二十四歳の鈴木颯馬は、元は町人の子。幼くして父を亡くし、母とふたりの貧乏暮らしが長かった。

縁あって、手習い所で働くうち、大器の片鱗を見せはじめた颯馬だが、十五歳の時に母も病で亡くし、天涯孤独の身となってしまう。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。町道場で下働きしている際、ひょんなことから、田中藩江戸屋敷に勤める「さんばん殿」鈴木武治郎に才を買われ、めでたく養子に。

だが、勘定方に出仕したのも束の間、田中藩領を我が物にせんとする老中格の田沼意次と戦うことになってしまい……。

恩義ある藩を救うべく、わけありで、酒問屋麒麟屋の番頭となった颯馬に立ち塞がる壁、また壁! 江戸の剣客商い娯楽小説第一弾!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
小学館時代小説文庫創刊一周年、最強の新人作家が登場! 現実世界でも、営業革新分野における国内第一人者なので、再建策の説得力が違います!!
〈 電子版情報 〉
さんばん侍 利と仁
Jp-e : 094068860000d0000000
江戸の企業再建エンターテインメント!

二十四歳の鈴木颯馬は、元は町人の子。幼くして父を亡くし、母とふたりの貧乏暮らしが長かった。

縁あって、手習い所で働くうち、大器の片鱗を見せはじめた颯馬だが、十五歳の時に母も病で亡くし、天涯孤独の身となってしまう。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。町道場で下働きしている際、ひょんなことから、田中藩江戸屋敷に勤める「さんばん殿」鈴木武治郎に才を買われ、めでたく養子に。

だが、勘定方に出仕したのも束の間、田中藩領を我が物にせんとする老中格の田沼意次と戦うことになってしまい……。

恩義ある藩を救うべく、わけありで、酒問屋麒麟屋の番頭となった颯馬に立ち塞がる壁、また壁! 江戸の剣客商い娯楽小説第一弾!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

時代小説が好きなので、同じ趣味の方たちのオススメなどで知り、購入しました 続刊が今から待ち遠しいです(40代 女性) 2021.3.14

前記インターネット検索で題名から面白そうで興味を持って購入。 内容としては、どん底から苦労もしつつ経験をきちんと活かして、次々に拓けていく人生を軽快にテンポよく描いており、楽しいし、読みやすい。 ただ、終わりが唐突で続きがどうなるかとても気になるとても良い場面で終わっており、続きが早く読みたい。逆に言うと絶妙すぎる。(50代 男性) 2021.3.9

あなたにオススメ!

  • 看取り医 独庵
  • 脱藩さむらい 切り花
  • 脱藩さむらい 蜜柑の櫛
  • 付添い屋 六平太 鷹の巻 安…
  • 徒目付 情理の探索 無双のよ…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ