小学館文庫

救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人

救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人
ためし読み
定価
880円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/384
ISBN
9784094068788

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/02/05
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
震災から10年 未来へ記憶されるべき奇跡
「火の海 ダメかも がんばる」。2011年3月11日、気仙沼。津波とともに、燃え盛る重油が公民館を取り囲んだ。避難していた住民たちは孤立無援となる。その中のひとりの女性が、スマホの電池の残量を気にしながらかろうじて打った冒頭のメールが、ロンドンの息子に届いた。息子は、どこかの誰かに救助を求める文面を必死に考え、発信した。このTwitter140文字が、東京のある零細企業の社長の目に留まり、「偶然」という名の必然によって、東京都副知事に繋がって、東京消防庁のヘリが救出に飛び立った! 災害救助の「永遠のケーススタディ」となるべき、奇跡の物語。
〈 目次をみる 〉
第一章 「上さあがれ!」
第二章 三陸の海
第三章 津波と笛の音
第四章 海が燃える
第五章 命の箱船
第六章 人生で一番長い夜
対談   田原総一朗×猪瀬直樹
〈 電子版情報 〉
救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人
Jp-e : 094068780000d0000000
震災から10年 未来へ記憶されるべき奇跡。

「火の海 ダメかも がんばる」。2011年3月11日、気仙沼。津波とともに、燃え盛る重油が公民館を取り囲んだ。避難していた住民たちは孤立無援となる。その中のひとりの女性が、スマホの電池の残量を気にしながらかろうじて打った冒頭のメールが、ロンドンの息子に届いた。息子は、どこかの誰かに救助を求める文面を必死に考え、発信した。このTwitter140文字が、東京のある零細企業の社長の目に留まり、「偶然」という名の必然によって、東京都副知事に繋がって、東京消防庁のヘリが救出に飛び立った! 災害救助の「永遠のケーススタディ」となるべき、奇跡の物語。

あなたにオススメ!

  • きみは「3.11」をしってい…
  • 天皇皇后両陛下 被災地の人々…
  • 石巻赤十字病院の100日間 …
  • いつか帰りたい ぼくのふるさ…
  • 日本の未来について話そう
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ