小学館文庫

札幌夜パフェ「紅うさぎ」の裏メニュー

札幌夜パフェ「紅うさぎ」の裏メニュー
ためし読み
定価
594円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/192
ISBN
9784094068313

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/10/06
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
オトナのパフェは、優しく甘く心を癒やす
 札幌市内の繁華街、高いビルに囲まれた一角に、ぽつんと建つレトロな石蔵があった。そして、そのずっしりと重い扉にはこんな文字が掲げられている。――『パフェバー・紅うさぎ』。そう、ここは知る人ぞ知る、夜にひらくオトナのためのパフェ専門店なのだった。
 大学二年生の平牧紅葉は、大学入学の直前に会ったきりの兄・岳人に会うためにここへ来た。というのもこの紅うさぎは、岳人がオーナーをやっている店だったからだ。しかし、肝心の兄は海外出張のために不在。急ぎ兄と連絡をつけてもらう間、紅葉は店長の池口からパフェの試食をすすめられるが、実は紅葉にとってパフェはいい印象のないスイーツだった。なんなら苦手な食べ物、トラウマとまでいってもいいくらいだ。というのもそれは、幼少の頃、両親が離婚したときの苦い思い出に直結している味だったから。
 見た目も味も極上のパフェを口にして、紅葉の心はほどけていく。そして、ふしぎな縁で繋がった「紅うさぎ」の人々とともに、穏やかな日々は過ぎていくことに……。北海道を舞台にした、ほっこり癒やしの物語!
〈 電子版情報 〉
札幌夜パフェ「紅うさぎ」の裏メニュー
Jp-e : 094068310000d0000000
オトナのパフェは、優しく甘く心を癒やす。

 札幌市内の繁華街、高いビルに囲まれた一角に、ぽつんと建つレトロな石蔵があった。そして、そのずっしりと重い扉にはこんな文字が掲げられている。――『パフェバー・紅うさぎ』。そう、ここは知る人ぞ知る、夜にひらくオトナのためのパフェ専門店なのだった。
 大学二年生の平牧紅葉は、大学入学の直前に会ったきりの兄・岳人に会うためにここへ来た。というのもこの紅うさぎは、岳人がオーナーをやっている店だったからだ。しかし、肝心の兄は海外出張のために不在。急ぎ兄と連絡をつけてもらう間、紅葉は店長の池口からパフェの試食をすすめられるが、実は紅葉にとってパフェはいい印象のないスイーツだった。なんなら苦手な食べ物、トラウマとまでいってもいいくらいだ。というのもそれは、幼少の頃、両親が離婚したときの苦い思い出に直結している味だったから。
 見た目も味も極上のパフェを口にして、紅葉の心はほどけていく。そして、ふしぎな縁で繋がった「紅うさぎ」の人々とともに、穏やかな日々は過ぎていくことに……。北海道を舞台にした、ほっこり癒やしの物語!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

夜パフェという物に興味があり、コロナ禍で旅行に行けない中で札幌の美味しいパフェというテーマは旅をしている感覚で読めて楽しく読みました。 また、読んでいて違う人の視点を読みたかったな…と思っていたら最後にあったのがさらに満足度を高めました。 良い余韻のあるおはなしでした。(40代 女性) 2020.11.23

登場人物と、出てくるパフェが、とにかく魅力的!表紙のふたり以外にも、たくさん素敵な方が出てきて、楽しく一気に読みました(わたしは兄が好きです)めちゃくちゃハートフルで優しい気持ちになれます。パフェがたくさん出てきて、どれも文字だけなのにすっごくおいしそうだから、想像して楽しんでいました。でも、やっぱり実物のパフェも見たい!味わいたい!これは連ドラで観てみたい小説だ!って思いました。気になるとこで終わっていたから、続きがあればぜひ読みたいです!(30代 女性) 2020.10.28

グルメがテーマの小説にはまっているが、パフェがテーマのものは珍しいので読んでみようと思った。 優しい話で面白かった。続編があれば読んでみたい。(30代 女性) 2020.10.11

あなたにオススメ!

  • 14歳、明日の時間割
  • さくら花店
  • フラダン
  • チーム!上
  • ようこそ紅葉坂萬年堂
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ