小学館文庫

若殿八方破れ(二) 木曽の神隠し

若殿八方破れ(二) 木曽の神隠し
ためし読み
定価
本体670円+税
発売日
判型/頁
文庫判/336
ISBN
9784094068283
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
迫りくる空飛剣!危うし、十万石の跡継ぎ!
 忠臣の仇を討つため、筑後久留米を目指す真田俊介。同行するは、守り役の爺こと海原伝兵衛と天才剣士・皆川仁八郎。そして、病に倒れた母のため長崎を目指す女児おきみ。

 仇敵・似鳥幹之丞を追い、一行が立ち寄った中山道馬籠近くの茶店に突如、轟音が響いた。何者かが放った凶弾が、俊介を襲ったのだ。しかし、すんでのところで俊介は難を逃れる。

 ところが、流れ弾が材木商の敦左衛門にあたってしまう。敦左衛門を医者のもとへ担ぎ込む俊介。敦左衛門は命を取り留め、犯人探索に後ろ髪をひかれながらも、先を急ぐ一行。

 中山道に別れを告げ、下街道・釜戸宿へとたどり着いたところで、おきみが姿を消してしまう。銃撃してきた犯人にかどわかされたのか、それとも神隠しに遭ったのか……。行方を捜すべく、一行は協力者を求め名古屋へ向かう。

 そこで、仁八郎の友垣にして柳生新陰流の遣い手・井戸田保之助や町奉行所の同心・稲熊郷蔵の協力をあおぐも、おきみの行方は掴めなかった。そんな矢先、一行に声をかけてきた人物がいた。男はなんと、江戸で俊介の寝込みを襲った弥八だった――。

 息もつかせぬ展開、白熱のシリーズ第2弾!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
気鋭の時代作家が贈る、御法度の仇討ち物語!

炎の二ケ月連続刊行、第二弾!
〈 目次をみる 〉
第一章 峠の一文銭   

第二章 腹切り伝兵衛  

第三章 かなづち剣士  

第四章 船上の仇

あなたにオススメ!

  • 死ぬがよく候〈一〉 月
  • 姉上は麗しの名医
  • 付添い屋 六平太 鷹の巻 安…
  • 出星前夜
  • 春風同心十手日記〈一〉
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ